« ヒラリー・ウォー作品リスト | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/7) »

J1リーグ第14節清水対名古屋

2005.7.6(水) 19時 日本平スタジアム 曇
観客 7280人 主審 家本政明 副審 佐幸欣治、西村典之

 清水エスパルス 2(1-1)2 名古屋グランパスエイト  
          (1-1)

 得点 11分 清水・チョ・ジェジン
    44分 名古屋・本田
    49分 清水・チェ・テウク
    80分 名古屋・中村

 清水 黒河(GK)、斉藤、山西、森岡、市川、
    高木和(70分岩下)、伊東、チェ・テウク、
    佐藤(57分太田)、久保山(79分財津)、
    チョ・ジェジン
 名古屋 楢崎(GK)、杉本、増川、古賀、
    中谷(80分渡邊)、中村、クライトン、
    藤田、吉村(70分豊田)、本田、
    中山(82分平林)

 警告 清水 伊東
    名古屋 なし

日本平へ見に行ってた。
2回先行されながら、2回とも追い付けた所は良かったと思う。失点の形はブザマ過ぎたけど。特に1点目は、ファールのジャッジにクレームを付けてる間に、素早いリスタートをされて、押し込まれたもので、今までどれだけこういうのを見たことか。というか、最近はなくなったかな、と思ってたんだけどな。
ただ、ブザマな失点がなかったとしても、2-0で勝てたかどうかは微妙。純粋に決定的に崩された場面が、それ以外に思い出せる限りで4回(主に前半)。楢崎が頑張ったり、ポストが頑張ったり、清水が決定力不足だったりで、しのいだが、普通に推移してれば、あの辺のどれかが、結局決まってたかもしれんよな、と思ったりする。
大宮戦よりは、中盤の連携はマシになってたが、それでも前半はかなり酷かった。微妙にキャラクターの重なり合う選手が5人、中盤の中央で重なり合ってた感じ。もっとも、その中の誰でもいいから、ギャンブル続行で右SBに起用された杉本にボールを出せば、あとは右サイドを駆け上がってゴール前にクロスを入れてくれた。それで辛うじて閉塞状況が打開されていたし、最初の同点ゴールは、そういうクロスを、本田が叩き込んだものだった。
後半は、中盤がやや整理されて、様になり始めてた気がする。清水に形で崩される場面も減った。ただ、序盤の失点で、再度ビハインドを追っかけるという展開になったことが、選手から余裕を奪っていたかも知れない。さんざんもどかしい思いをした後に、中盤での連携から、直志がミドルを決めて追い付いた。そこで、さらに逆転まで持ち込みたい所だったが…。もう少し時間があれば、何とか出来たか?、という気はしないでもなかったが。
そういう意味では、次を期待させる終り方ではあったかも知れないが、とりあえず今の所は、先週に引き続き、微妙な後味ばかりが残ってしまっている。

[追記] 記録を加筆したついでに、ちょっと追記。
杉本の右サイドバックは、攻撃的には正解だったと思うけれど、当然のことながら、右サイドの守備はかなり緩くなり、そこをチェ・テウクに使われることになった。古賀がよくカバーしてたとは思うが、もっと集中的に攻められてたら、ヤバかっただろうなと思う。それこそ清水の先制点の時みたいに、山西がもっと上がって来ていたら(清水の先制点は、山西のシュートを楢崎が弾いたこぼれ球に、チョ・ジェジンが詰めた)。一方で、杉本に対する清水のディフェンスもユルユルで、なんで手を打たないんだろうと、不思議に思ってた。結局、最後まで、杉本は厳しいマークを受けてなかった気がする。もっとも、本人が疲れちまったらしく、後半の最後の方のクロスなんかは、かなりヨレてたけど。
左サイドは、中谷が当然のように抜かれていたが、もはや折り込み済みという気も…。その分、増川の1対1の強さが目立っていた気がする。あと、中谷は、積極的に攻めることはしていたので、少なくとも役に立ってはいた。実際、シーズン初めからそうなんだと思うんだけど、このチームは手堅いサイドバックなんて居ないんだから、攻撃は最大の防御を貫くしかないんじゃないだろうか。
スタジアム到着がメンバー紹介の後だったので、本田がFW登録になっていたことを知らなかった。前半を見る限り、ほとんどの時間、中山の1トップにしか見えなかったと思う。本田が、積極的に前へ出て行こうとしてたのは気付いていたけど。そうだったんだ、FWだったんだ。後半立ち上がりは、確かにFWっぽい位置取りだったが、前半の最後に点を取ったからかと思ってた(^^;
藤田は大宮戦の時よりは噛み合ってたが、まだ完全じゃなかった。彼のイメージと、他の選手のイメージが、合っていないんじゃないかと思う場面も多く、そういう時はパスミスが生まれて、清水に奪われて、危険なカウンターになった。得点力向上だけでなく、守備的にも、藤田を噛み合わせるのは早急に必要なんじゃないかな。
去年のリーグ戦は体調不良でパスしたし、今年のナビ杯はグレて(^^;行かなかったので、1年半ぶりの日本平だった。この前、来た時は、ウェズレイが得点王を決めるゴールを見たんだよな、と思った。人の動きってのは、速いもんだね。

|

« ヒラリー・ウォー作品リスト | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/7) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

参考になります。データと見た感じに大きな開きがあるような気になりました。
CSで日曜日にチェックしてみます!!

>ファールのジャッジにクレームを付けてる間に
不意打ちを喰らったってことですね!許せんぞ健太(|||`□´|||;;)

>前半はかなり酷かった
これは毎度と化してきましたね(lllll。-_-。lllll)

>微妙な後味ばかりが残ってしまっている。
(-_-llllll。)

投稿: ぐらぱち | 2005.07.07 20:49

>ぐらぱちさん

>データと見た感じに大きな開きがあるような気になりました
まあ、個人的な感想なので、人によって、見え方は違うと思います。
ただ、中盤でボールをぐちゃぐちゃ廻してる、というか、押し付け合っている?(^^;のを見ながら、データ上のボールの支配率だけは高いって奴だな、と思ってはいました。それでも、大宮戦の前半のように、バックライン近くで廻してるよりはマシだったし、杉本が右サイドでボールを引き出してくれたので、閉塞感も幾分薄かったような気はします。

リスタートの件は、うちがマヌケなだけかなと(^^; 

まあ、大宮戦より、良くはなってたし、次のホーム2連戦の相手がディフェンシブに来るとも思えないので(横浜と鹿島ですから)、そこそこいい試合をする可能性はあるんじゃないかと、考えてはいるんですがねえ。

投稿: wrightsville | 2005.07.07 22:37

こんばんは。
 清水公式HPのレポ見ていたんで、結構五分五分かなぁと思ってましたが、やっぱり、「そこそこ機能した攻撃」と「そこそこ醜い守備」があったんかなぁと読んでいて思いました。
 でも新加入選手とのコンビは、もう実戦でしか調整できないんですかね。
 ガンバ戦、大宮戦に続いて、この清水戦でも前半は様子見みたいな感じじゃないですか?
 本田目線、直志目線で書かれているブログを読んでもそういうイメージがわいてきます。
 ホット6は、ホーム3試合の観戦予定です。瑞穂なんで雨降らないでほしい!カテ4だし。

投稿: pixy_japan | 2005.07.08 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/4861773

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第14節清水対名古屋:

» 2005J1 第14節 清水エスパルス×名古屋グランパス (日本平) [気ままなNotes...]
 サッカーJ1第14節清水エスパルス×名古屋グランパスの試合が日本平スタジアムで行われました。試合は常に先行されつつも同点に追いつくという展開で2−2の引き分けに終わったようです。HOT6で『最低でも勝点12』という、信じられない高いノルマを設定したネルシーニョ監督ですが、2試合で勝点2。大丈夫なんでしょうか???せっかく鹿島負けたのにねぇ。  生観戦していませんので、試合内容は�... [続きを読む]

受信: 2005.07.07 06:02

« ヒラリー・ウォー作品リスト | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/7) »