« J1リーグ第18節大宮対鹿島 | トップページ | 感想「ニッポン硬貨の謎」 »

J1リーグ第18節名古屋対磐田

2005.7.24(日) 19時 瑞穂陸上競技場 晴
観客 16483人 主審 扇谷健司 副審 原田秀昭、抱山公彦

 名古屋グランパスエイト 2(1-0)0 ジュビロ磐田   
              (1-0)

 得点 16分 名古屋・中村
    53分 名古屋・中村
 
 名古屋 楢崎(GK)、杉本、増川、古賀、中谷、
    中村、クライトン、藤田、吉村、
    本田、豊田(80分中山)
 磐田 川口能(GK)、茶野、田中、鈴木、服部、村井、
    太田、福西(64分河村)、名波(75分川口信)、
    前田、中山(45分カレン・ロバート)

 警告 名古屋 藤田、豊田、中山
    磐田  前田、鈴木、川口信

NHK-BSで見てた。
今年最高の試合だったんじゃないか? やれば出来るじゃん、なんてえことは言わない。毎度のことだし、前節のあれを見た後では、ある意味、それはそれで腹が立つので。
でも嬉しいけど。これで、とりあえず一月、いい気分で過ごせる(笑)。

もっとも、序盤はこういう終り方が出来るとは思わなかった。流れは磐田にあって、相変わらずシュートまで持ってく攻撃の形が作れてなかったし(新潟戦に比べれば、意識はあったと思うが、相手のレベルが違い、うまく潰されていた)、守備的には、両サイドが破られ放題だったし。例によって、楢崎がよく持ちこたえてくれたよ。おかげで先制も出来た。藤田の見事なロングパスを受けた直志が、うまく切れ込んで絶妙なシュートを放った。前半の名古屋のシュートはこれっきりだったが、先制の効果で、その後、名古屋はある程度持ち直した感じ。
後半も、立ち上がりはかなりやばかったと思うんだけど、ここもなんとかしのいで、今度は本田からのパスを受けて、またもや直志が持ち込んで決めると、磐田のパフォーマンスが急激に落ちて行った印象。ミスパス、トラップミスは多いし、名古屋がボールを奪い放題。以降は完全な名古屋ペースで、無失点で勝ち切った。

結局、2トップの一方にMFを入れるんなら直志だね、という、過去の名古屋での実績を考えたら、当然のようなことを再確認した試合かも知れない。まあ、5月くらいから直志が調子を落としていたから、そう簡単には行かない事情があったのは分るけど、今日の出来を見てると、完全に復調したと考えていいか? でも、明日から、1月弱休みなんだけどね(^^; ルイゾンも来るから、また布陣も変るだろうし。もっとも、この試合の形がベスト、とか思うほど、甘い考えは持っちゃいないんで、ルイゾンを(かなり噛み合い始めているとはいえ、藤田も)きっちりフィットさせたチームを、リーグ再開時に持って来てくれれば、それでいいと思う。
それと、今日もかなり危ない時間帯があったと思うが、両サイドのディフェンスが脆弱なのは間違いない。メンツ的に、そこを今よりも大きく強化するのは難しい訳で(ディフェンスの弱体化と引換に、攻撃力をアップさせているわけでもあるし)、そうなると、とにかく得点力を上げていく必要があるはず。そういう意味でも、攻撃の質を、このインターバルで高めて欲しいと思う。

優勝とか考えるのは、さすがにあまりにも現実味が薄いんで、まずは守り倒されると何も出来ないあたりを何とか。勝ち負け以前に、そういう試合は、見ていてとにかくつまらないから。リスタートの初戦の神戸は、多分、その辺を見極めるにはぴったりの相手だし、そこできっちり勝ち切れるチームを作って来て欲しいというのが、今の希望。

[追記 7/25] そういえば、前日の大宮対鹿島でも見たが、ようやく副審のオフサイドの判断が新基準に対応した模様。慣れるまでは、ちょっと違和感がありそうだけど、慣れてしまえば、むしろスリリングに試合が見れて、いいかも知れない。

|

« J1リーグ第18節大宮対鹿島 | トップページ | 感想「ニッポン硬貨の謎」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5136108

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第18節名古屋対磐田:

» Jリーグ:名古屋対磐田@瑞穂陸上競技場 [Woogie's Footie Seven Days]
今日も瑞穂でサッカー観戦。今日の相手はジュビロ。俊哉の古巣対決です。相手が相手だけに、しっかりとした試合をして、勝ち点3をゲットしてほしいですね。 やっぱり本田は左サイドかな? 今日は本田が左サイド。あとFWは豊田。やっぱり本田は中盤のほうが気持ちよさそうです。あと直志が前にいたほうが迫力がありますね。で、試合内容ですが立ち上がりは名古屋がボールを持って、奪った磐田がカウンター�... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 00:55

» 2005年Jリーグディビジョン1第18節 名古屋vs磐田 [Grampus8]
2-0。ジュビロ戦連勝継続。 マジで勝ってしまいました。 なんといっても、敵はジュビロ!! ジュビロ、それは、代表と代表予備軍の宝庫。 現代表に選ばれている選手も多ければ、 いつ選出されても不思議の無い、綺羅星の如し面々。 個人技も凄ければ、肝胆相照らす連携プレー..... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 02:00

» 2005J1 第18節 名古屋グランパス×ジュビロ磐田 (瑞穂) 2-0快勝だ!! [気ままなNotes...]
 サッカーJ1第18節名古屋グランパスエイト×ジュビロ磐田の試合に行ってきた。相手のパス回しに翻弄され、試合全体としては押され気味だったものの、早い時間に藤田からのパスで直志がきっちり先制点を決めたことで精神的に落ち着き、後半にも本田からのスルーパスに直志が再び反応し、GK川口との1:1を股抜きで決め、結局2−0で勝利し、中断前の最後の試合を締めてくれた。  台風の影響から?か、どんよりと曇ったこの日の朝であっ�... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 08:56

» 07/24/2005 J1 名古屋vs磐田@瑞穂 [Takashi's Blog]
今日はテレビでの観戦。 立ち上がりは、新潟戦のリピートを見ているような、ボケボケ [続きを読む]

受信: 2005.07.25 21:12

» 強き(磐田)を挫く、名古屋健在@夏休みの瑞穂 [タイトル未定2]
[続きを読む]

受信: 2005.07.26 09:41

« J1リーグ第18節大宮対鹿島 | トップページ | 感想「ニッポン硬貨の謎」 »