« 感想「よしきた、ジーヴス」 | トップページ | 感想「この女百万ドル」 »

感想「あの戦争は何だったのか」

「あの戦争は何だったのか」 保阪正康 新潮新書
太平洋戦争について、感情論的な「平和教育」が「反戦」「平和」の大義名分を叫ぶばかりで、充分な史実の検証を行わなったことにより、まともな議論が成立しなくなっている現実を批判し、史実を検証することの重要性を説いて、それを実践しようとした本。
「新しい歴史教科書を作る会」のような流れについても、「平和教育」の反動として現れた、同様に感情論的な存在としており、著者の、一方に偏らず、客観的な立場から論じようとする姿勢を感じさせる。その姿勢には共感する。
ただ、客観的に史実を検証しようという試みが、過去に皆無だったとも思えないので、カバーにある「唯一無二の試み」ってのは、いくらなんでもフカシ過ぎと思うが。
また、史実の検証が曖昧なのは、必ずしも「平和教育」の問題だけではなく、曖昧にしておいて、戦争責任の追求を逃れようとする権力者側の都合も、多分にあるのだろうと考えてもいる。当然、「平和教育」の側にも問題はあったのだろうとは思うが。「平和」「反戦」の主張は、感情論に走って論理的に充分に構築されなかったために、今では、言い掛かりとも思えるような暴論にも簡単に足元を崩されてしまう、説得力の薄い脆弱なものになってしまっている感もあるし。

もっとも、そうした曖昧さや感情論というのが、日本的な在り方そのものじゃないかという気もする。それを考えると、かなり気が滅入る。

太平洋戦争の何が問題だったかという点についての本書の結論は、太平洋戦争を主導した権力者たちのビジョンの無さ、無責任さ、ということに尽きると思う。
本書の著者が書いている、太平洋戦争は歴史の流れから必然なものだったのではないか、という主張については、似たようなことを以前から考えていた。その流れの延長上に今の繁栄した日本があると考えるなら、戦争で死んだ当時の日本人は(日本人以外についてはまた別の話になる)、今の時代を迎えるための貴重な犠牲者だったと言えるとも思う。でも、戦争を指揮した権力者たちにまともな感覚があれば、犠牲者の数ははるかに少なく済んでいたはずだし、権力者の無能によって水増しされたそうした死者は、犬死にと言うしかない。そういう事態を招いた連中が、罰せられなくてどうするよ。
東京裁判は戦勝国による一方的な裁判で、不当なものだったという言い方が、時々されるけれども、東京裁判以外にこういう当時の権力者を裁くことが可能だったのかどうか。少なくとも、当時の日本人が自ら裁くなんてことは、有り得なかっただろう。以後、史実の検証が曖昧にされて来たのも、権力者たちがそうした追求を逃れるためだったんじゃないのか。そういう意味では、不完全ではあってもそういう連中が、あの時期にある程度罰せられたという点で、東京裁判にそれなりの正当性はあったと考えないわけにはいかないと思ってる。

それはそれとして、本書が提起するより重大な問題は、今の日本の権力者にビジョンや責任感はあるか、ということじゃないだろうか。その点を考えてみて、何らかのリアクションを起こすことが、つまり歴史に学ぶという行為でもあるように思える。

|

« 感想「よしきた、ジーヴス」 | トップページ | 感想「この女百万ドル」 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5084344

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「あの戦争は何だったのか」:

» あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 [booksjp]
戦後六十年の間、太平洋戦争は様々に語られ、記されてきた。だが、本当にその全体像を明確に捉えたものがあったといえるだろうか―。旧日本軍の構造から説き起こし、どうして戦争を始めなければならなかったのか、引き起こした“真の黒幕”とは誰だったのか、なぜ無謀な....... [続きを読む]

受信: 2005.09.20 04:55

« 感想「よしきた、ジーヴス」 | トップページ | 感想「この女百万ドル」 »