« 感想「依頼人は三度襲われる」 | トップページ | 感想「あの戦争は何だったのか」 »

感想「よしきた、ジーヴス」

「よしきた、ジーヴス」 P・G・ウッドハウス 国書刊行会
国書刊行会のウッドハウス・コレクションの2冊目。
1冊目の「比類なきジーヴス」は、短篇を後からつなぎ合わせた長篇なんだそうで、それに対してこちらは純粋な長篇らしい。そのせいか、まとまりはいい。でも、最初から最後までネタの行列みたいだった「比類なき」ほどは、笑えなかった気がする。小説としての完成度と、個々のギャグが笑えるかどうかは、別の話。
それでも充分笑えたんだけど、2冊目にして早くも、パターンは同じ?という気がしたのは否めない。クロードとユースタスみたいな、ブッチギリのキャラが居なかったのが弱いかな。ガッシーも悪くないんだけど。

ちなみに文春から出始めた方のウッドハウスは、今んとこ買ってない。値段が高いし、1冊目の内容は大半が「比類なきジーヴス」とかぶるとなれば、どうしても二の足を踏んじまう。

|

« 感想「依頼人は三度襲われる」 | トップページ | 感想「あの戦争は何だったのか」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5070060

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「よしきた、ジーヴス」:

« 感想「依頼人は三度襲われる」 | トップページ | 感想「あの戦争は何だったのか」 »