« 感想「弱気な死人」 | トップページ | セリーグ 中日対ヤクルト(9/2) »

セリーグ 巨人対ヤクルト(8/31)

2005.8.31 1800 大阪ドーム
S 400110001 7
G 00005102X 8
[敗]五十嵐 [勝]久保 [H]S岩村(ミアディッチ)、G二岡(ゴンザレス)、小久保(ゴンザレス)

G+で3回くらいから、飛び飛びに見ていた。1回表に集中打で4点先制したそうで、さらに4回に先発・ゴンザレスが自らタイムリー、5回には岩村が、通算150号となるでっかいホームランをライトスタンドへ打ち込み、大量リード。
ところが、あんまり安定はしてなかったゴンザレスが、5回にとうとうつかまって、本塁打2発を含む一挙5失点で降板。さらに6回に、阿部のタイムリーで追い付かれた。
7回からリョータが登板したが、8回につかまり2失点。9回表に1点取って、さらに2死1-2塁まで追いすがったものの、城石が打ち取られて試合終了。
ゴンザレスは、どうも突然大きく崩れるというイメージが…。もう少し、投手交代の見切りを早く出来ないもんかなと思う。先発にせめて5回まで投げ切って欲しいのは、やまやまだけど。リョータも、相変わらずだよな。
岩村の150号は素晴らしいホームランだったんだけど、無駄になっちまったなあ。

|

« 感想「弱気な死人」 | トップページ | セリーグ 中日対ヤクルト(9/2) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5726834

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ 巨人対ヤクルト(8/31):

« 感想「弱気な死人」 | トップページ | セリーグ 中日対ヤクルト(9/2) »