« ナビスコ杯準々決勝第1戦大宮対横浜 | トップページ | 感想「エラリー・クイーンの国際事件簿」 »

イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(8/7)

2005.8.7 13:00 市営浦和
I 101001410 8
S 000000010 1
[敗]石堂 [勝]大沼

さいたま市・リッチモンド市姉妹都市提携10周年記念試合とかで、このポスター。
  richmond1
試合終了後、現物も入手。御自由にお持ち下さいとのことだったので。
ちなみに写ってる選手は、左から、上原・川本・梶本。

スワローズ先発の石堂の出来が、いまみっつくらい。制球が甘く、やたらとヒットを打たれていた割には、6回3失点は持ちこたえていた方だと思うが、7回に松岡が登板して決壊(^^; とんとんと2死は取ったものの、その後、1四球を挟んで5連打を食らった。8回に登板した三澤も1点を失い0-8。打線はその裏、インボイス2番手の鳥谷部を攻めて、暴投絡みで1点取ったが、それだけ。インボイス先発の大沼相手に、7回まで2安打じゃあ、どうもならん。そこまで凄くいい出来とは思わなかったが、左打者の内角低目への変化球に、手こずらされてた感じ。
バックもあんまり良くなくて、インボイスの二遊間が鉄壁だったのに対し(セカンド水田、ショート黒瀬)、セカンド田中浩とショート梶本で3失策だし、他の選手にも、失策は付かないまでも、緩慢な動きでピンチを広げた感のあるプレーがあった。
良かったのは、9回を手堅く抑えた宇野の安定感くらい。1軍の先発枠は塞がってる状態とは思うが、石堂はしばらく見込みなさそうだし、松岡も、使えるようになるのは、来年以降だな、と思った。松岡は、今年の自由獲得枠選手なんだが。そういう意味では2失策の田中もそうなんだけどねえ(^^;
志田がノーヒットだった。たまたまか、そろそろ調子を落として来ているのか、どっちだろう。

そういやあ、インボイスのサードは、おかわり中村。2軍落ち? 1軍でブレイクしちまった後だと、2軍じゃあ、やりにくいんじゃないかなあ。でも、いくらなんでも、ちょっと太り過ぎではと思ったが、4打数2安打で好守もあったし、悪い出来じゃなかったね。

|

« ナビスコ杯準々決勝第1戦大宮対横浜 | トップページ | 感想「エラリー・クイーンの国際事件簿」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5352123

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(8/7):

« ナビスコ杯準々決勝第1戦大宮対横浜 | トップページ | 感想「エラリー・クイーンの国際事件簿」 »