« J1リーグ第19節神戸対名古屋 | トップページ | J1リーグ第20節FC東京対名古屋 »

J1リーグ第19節東京V対大宮

2005.8.21(日) 19時 国立 曇
観客 7046人 主審 松尾一 副審 上荒敬司、下村昌昭

 東京ヴェルディ1969 1(1-0)1 大宮アルディージャ  
             (0-1)

 得点 9分 東京・ワシントン
    76分 大宮・Own Goal

 東京V 高木(GK)、米山、林、戸川、
    山田、小林大、戸田、相馬、ジウ(81分町田)、
    ワシントン、平本(69分玉乃)
 大宮 安藤智(GK)、平岡、冨田、三上、西村、
    ディビッドソン、藤本、久永(66分島田)、
    トゥット、桜井(45分森田)、横山(74分斉藤)

 警告 東京 ジウ、ワシントン
    大宮 久永、トゥット

残されたメンバーで組んだら、これっきゃない、という感じの大宮のスタメン。奥野はともかく、存在感のあるトニーニョの不在は(スタンドに居た(^^;)、かなり決定的で、ヴェルディに中盤でいいようにボールを廻される立ち上がり。有り得ないような、パスがつながったり、ドリブルで抜かれたりという場面が度々で、早々にワシントンに先制点を決められた時には、虐殺されるかもな、と覚悟した。
ところが、それ以降、ヴェルディはさっぱり、追加点を上げられない。試合のペース自体は、ずっと一方的にヴェルディが握っているのだけど、ゴール前で無駄にパスを廻し過ぎたり、かと思うと、豪快にミドルを打って来て、豪快に外したり。決まれば格好いいだろうなと思うプレーは、すごく多いが、ことごとく決まらないとなると…(^^;
普通、こういうことやってると、相手チームに主導権が行ってしまったりするもんだけど、正直、今の大宮の戦力はかなり低い。個人技で劣るのは元からだが、戦術も機能しなくなり始めていて、相手のもたつきに乗じてペースをつかむなんて、気の効いたことが出来るような状態じゃない。このまま0-1で終っちまいそうだな、という気配は濃厚だったが。
結果的には、島田の投入と、横山を斉藤に代えて、マーカスを2列目に上げた交代が功を奏した感がある。島田とマーカスが前に出る意識を見せることで、より相手のゴールに近い位置にプレーのエリアが移動し、決定機は作れないまでも、少なくとも押し込まれ放しの状態からは、いくらか脱することは出来ていたように思える。後半30分、そうした流れの中で、トゥットがペナルティエリアの左側へ抜け出し、センタリングすると、ゴール前に詰めた島田が押し込んだ、と思ったが、オウンゴールとのアナウンス(^^; 後で中継を見ていた人間に聞いたら、相馬のそれは見事なオウンゴールだった、そうで。
何にしても、追い付いてしまった大宮は、そこでようやくペースをつかみ、以降は押し気味で試合を進めたが、やはり力及ばず。ひっくり返すまでは至らなかった。
もっとも、全体として見たら、内容的には大宮の完敗だったから、勝ち点1獲得は充分な結果と思う。ここんとこの出来の悪さを見ていると、このまま行くと残留争いも他人事ではなくなりかねない、という危惧を感じるが、下位チームに対する負け試合を引分けに持ち込んだのは、そういう観点からも大きい。
それにしても、ヴェルディは重症だね。この出来の大宮に勝ち切れないってのは、かなり酷い。観客7046人てのも、大宮ホームで大宮サッカー場でやった8959人に劣る数字。国立開催なのに。

全治2週間と聞いた荒谷はサブに入っていた。無理をしてるのかも知れないが、まあ、非常事態がなければ出番のないポジションの控えだから、いいのかも。安藤は、どうもおっかなびっくりで怖いんで、無理のない範囲で、荒谷の早期復帰を希望。(第3GKの高木も手の骨折で、当分復帰出来ないらしい)

|

« J1リーグ第19節神戸対名古屋 | トップページ | J1リーグ第20節FC東京対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5577115

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第19節東京V対大宮:

» J1・東京ヴェルディ−大宮アルディージャ [劇団天野屋 Part3]
2005年8月21日 19時 国立競技場 東京ヴェルディ1969 1−1 大宮ア [続きを読む]

受信: 2005.08.22 20:22

« J1リーグ第19節神戸対名古屋 | トップページ | J1リーグ第20節FC東京対名古屋 »