« 女子サッカー 日本対中国 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/5) »

感想「情報と国家」

「情報と国家」 江畑謙介 講談社現代新書
情報は入手するだけではなく、客観的に評価され、行動に生かされなければ意味はない、ということを説いた本。ある意味、当たり前のことが書いてあるだけなのだけど、イラク戦争などの豊富な事例を引いての説明が面白そうだったのと、湾岸戦争以来、軍事評論家として有名になったこの人が、どんな文章を書くのか興味を引かれたので、読んでみることにした。(見つけたのも古本屋で安かったし)
で、内容的にはやっぱり、当たり前のことが普通に書かれているだけだった。ある意味、自身の主張に忠実に書かれた本で、ハッタリがなく、客観的な事実のみを書こうと努めている感じがする。研究者として誠実な人なんだろうなと思ったが、本としての面白さとなると別問題。そういうスタンスだと、どうしても歯切れは悪くなりがちなので。
また、情報は客観的に評価されなければならない、と言いつつ、それが非常に難しいということも認めてしまっているので、オチがないまま論が終ってしまっている感じがする。日本の、そういう部門への無関心や立遅れに対する危惧は、伝わっては来るし、それが伝われば、充分役割は果たしたと言える本なのかも知れないけれど。

|

« 女子サッカー 日本対中国 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/5) »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5315853

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「情報と国家」:

« 女子サッカー 日本対中国 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/5) »