« 感想「ビー・クール」 | トップページ | 感想「狼が来た、城へ逃げろ」 »

J1リーグ第23節名古屋対柏

2005.9.10(土) 19時 瑞穂陸上 曇
観客 10396人 主審 扇谷健司 副審 高橋佳久、柳沢和也

 名古屋グランパスエイト 4(2-0)0 柏レイソル 
              (2-0)

 得点 9分 名古屋・ルイゾン
    36分 名古屋・杉本
    63分 名古屋・ルイゾン(PK)
    88分 名古屋・豊田

 名古屋 楢崎(GK)、秋田、増川、角田、
    中谷(74分本田)、クライトン、山口、安英学、
    藤田、杉本(81分豊田)、ルイゾン(82分中村)
 柏  南(GK)、小林亮(67分平山)、薩川、波戸、土屋、
    明神、クレーベル、矢野(45分谷沢)、大谷、
    レイナウド、玉田

 警告 名古屋 増川
    柏 薩川、波戸、大谷、玉田

何も期待しないで見に行ったら、近頃、ホームへ見に行った中では、最高の試合だった。ここまで脳天気に愉しかった試合は、久しく記憶にない。ホームの試合ってだけなら、今年も磐田戦とか鹿島戦とか、あったかも知れないけど、行ってないからねえ。まあ、弱いものいじめの虐殺と言っちまえば、それまでだが、近年、それすら滅多に出来なくなって来ているから。
序盤から、ほとんど一方的に攻める展開。ヨンハが戻り、俊哉が先発した中盤は安定感があったし、攻撃のリズムもあった。後で考えてみると、慶の存在も大きかったと思う。そういやあ、なんか無理矢理選手を当てはめたみたいな、といういびつな感じが、この試合のスタメンにはなかった。本田も直志も(調子が良ければ)使うべき選手だけど、似たような所のある選手を強引に11人に押し込んでしまうと、結果的にバランスの悪いチームになりがちだ。
いい流れから、前半早々に、ルイゾンが決めて、さらに良い流れ。柏のバックラインを完全に崩し切って、ゴール前でいい形でルイゾンにボールが出た。ゴール前でいい所にボールが来れば、きっちり決められるという、ある意味、前節同様、持ち味を確認しただけのゴールではあるが、本来、出来なきゃいけないはずの、それが出来ないFWが多い訳だし、見事だったのは間違いない。
その後も押し続けたが、ゴールまでは届かず、ややもどかしい感じになりかけてた前半終盤、杉本が右サイドでボールを貰い、柏ディフェンスをかわしながら、中へ強引に切れ込んで行って、シュートを放って追加点を決めた。流れを途切れさせない、いいゴールだったし、杉本のプレー自体、見事だった。この日も杉本は、スピードを生かして、チャンスを作りまくっていた(最後は走り過ぎて、足がつってたぽい(^^;)。杉本なしでは、今の名古屋は成り立たない。
後半、柏がちょっと巻き返しそうな気配もあったけど、すぐにまた名古屋ペース。18分に、俊哉がボールを受けて、ペナルティエリアに入った所で、柏DFに倒されてPK。ルイゾンが決めて3-0。さすがにこれで決まった感じ。実際は、前半からそうなっていたけど、柏は集中が持たない状態に陥っていて、名古屋がちょっとプレスを掛けるだけで、あっさりボールを奪えるし、名古屋が甘いプレーで(それは結構あった)ボールを失っても、簡単に取り戻せるので、全然怖さがない。意表を突いたミドルとかが、ブラジル人選手から飛んで来て、ひやっとする場面が2-3回はあったが、今日は不運もなく楢崎がしのぎ切ったし、怖かったのはそれだけだった。柏には、技術とか運とか以前に、残留争いをしてるチームらしい、勝ち点への執念や気迫が、ほとんど感じられなかった。前節勝って、気が緩んでたのか? しかし、こんな状態じゃあ、深刻にヤバいと思うよ>柏。
後半終盤、3点勝ってるのに、また妙にバタバタ攻め急いだり、無用に厳しいディフェンスに行って、ファールを取られたりする名古屋。それでも、さすがに点差に助けられて、余裕で廻す場面もないではなく、一方では、攻め急いだ結果の怪我の功名で、豊田のラッキーなゴールも生まれた。豊田は、なにげに経験値を上げて行ってるような気がする。名古屋のこういうタイプのFWにしては、意外に幸運に恵まれてる選手なのかも。どさくさに紛れて、うまく化けてくれりゃあ、嬉しいが。
相手がこの状態の柏でなかったら、とか、中谷のプレーは全部中途半端、とか、ルイゾンが決定的なのを一発外してたな(ゴール以外はほとんど見所がないので、決定機は全部決めるくらい期待しても、バチは当らんだろう)、とか、いろいろないわけじゃないんだけど、基本的に悪くはなかったし、これをベースにチームを作っていける試合だったと思ってる。
とりあえず、大分戦も、このスタメンを希望。出場停止明けの某選手は戻って来るが、とりあえず、もう1試合は秋田でやってみて欲しいかな(^^;

|

« 感想「ビー・クール」 | トップページ | 感想「狼が来た、城へ逃げろ」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

>ゴール以外はほとんど見所がないので、・・・

そうでもないですよ。
攻め上がった時のポジションニング、ボールが入る際のマークの外し方とか、結構楽しめますよ。しばらくスタジアム通いが癖になりそうですよ。

っていうか、オイラ注目しすぎ(?o?;)

投稿: ぐらぱち | 2005.09.11 22:25

>攻め上がった時のポジションニング、ボールが入る際のマークの外し方とか、結構楽しめますよ。

ああ、それは確かにそう思います。というか、それはある程度、ゴールに向けての動きの一部かな、というイメージなので。
ゴールに直結しない、攻撃を組立ててる所での、ボールを受けての廻りへの捌き方とか位置取りに、いま一つ不満を感じたので、ああいう書き方になりました。まあ、それは彼の仕事ではないんだろうなと思いつつ、それならそれで、決定的な奴はとりあえず決めといてくれよな、という感じ。
ルイゾンに関しては、いろいろ雑音があるので、ちょっと手放しでは褒めたくない気分があるのも、確かなんですが。

投稿: wrightsville | 2005.09.11 22:58

TBありがとうございます。
勝ったらいじらない、という言葉がありますから、
変に相手に合わせるのでなく、この試合のメンバーを
続けてほしいですね

投稿: まるすけ | 2005.09.13 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5884811

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第23節名古屋対柏:

» 2005年Jリーグディビジョン1第23節 名古屋vs柏 [Grampus8]
突然4-0の勝利です。この試合はグランパスよりも、レイソルの方が気になりました。最近よく耳にするようになったball watcherなる表現。レイソルには、この種の選手が多いようです。... [続きを読む]

受信: 2005.09.11 22:19

» 2005J1 第23節 名古屋グランパス×柏レイソル (瑞穂) 4-0 できんじゃん! [気ままなNotes...]
 サッカーJ1第23節名古屋グランパスエイト×柏レイソルの試合が名古屋市瑞穂陸上競技場で行われた。現地レポート......ありません。現地観戦記事は......ありません。見に行ってません。今年2回目のホーム観戦欠席。前回は仕事でやむなく欠席だったけれど、今回は再開後の不甲斐ない試合・成績に、抗議の意味をこめての自主欠席だった。まぁ、これまでの檄(愚痴とも言う)、前回の観戦放棄予告が効いたのか、4−0の快勝。名古屋でも4点取れ... [続きを読む]

受信: 2005.09.12 03:55

« 感想「ビー・クール」 | トップページ | 感想「狼が来た、城へ逃げろ」 »