« 感想「栄光の土曜日」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(9/23) »

感想「斬首人の復讐」

「斬首人の復讐」 マイケル・スレイド 文春文庫
スペシャルXものだが、中でも特に「ヘッドハンター」の続篇。「ヘッドハンター」が未読で、これから読みたい気持ちが少しでもあるんなら、絶対に読んではいけない本。あちらを読んでなくても、本書は愉しめるように書かれているが、こちらを先に読んじゃうと、「ヘッドハンター」の面白味が半減(どころじゃない?)するのは確実なので。解説者があとがきで、そのことを「遠慮がちに」書いてるのは、苦労がしのばれる。文春の商売の邪魔をするわけにはいかんもんな。
内容的には、先行作同様、ちょっとくどくてたるむ部分はあるが、よく書き込まれているし、あざとい仕掛けもあって、面白く読めるサスペンス小説。分厚さの割には、長さを感じない。ただ、スレイドにしては、キワ物度が、かなり低いようには思った。「普通の」サスペンス小説まで、あとひといき、みたいな所まで来ているような。帯でディーヴァーが引合いに出されているのを、そうか?、と思ったが、この内容なら、確かに対比にあんまり違和感がないかも。そういう意味では、スレイドらしさが欠ける気がして、少し物足りなくはある。
法月綸太郎の小説のタイトルを露骨に真似た章題が付けられたりしているけど、本書は別に本格や新本格な小説じゃないと思う。謎解きや意外性はあるけど、それはミステリなんだから、あって当り前なレベル。前作や前々作に、本格ミステリを感じさせる要素があったからといって、本書をこういう趣向で売ろうとするのは、間違ってるんじゃないかと思う。
それとも、近頃は、謎とか意外な犯人さえあれば、それだけで本格扱いされちまうんだろうか? ミステリというジャンルが拡散し過ぎて、今や、謎解きや意外性は、ミステリに当り前な要素ではなくなりつつある、とか?

|

« 感想「栄光の土曜日」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(9/23) »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/6055537

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「斬首人の復讐」:

« 感想「栄光の土曜日」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(9/23) »