« イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(10/2) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/4) »

J1リーグ第26節広島対名古屋

2005.10.1(土) 15時 広島ビッグアーチ 晴
観客 10979人 主審 西村雄一 副審 手塚洋、五十川和也

 サンフレッチェ広島 1(0-1)2 名古屋グランパスエイト 
            (1-1)

 得点 13分 名古屋・Own Goal(ジニーニョ)
    64分 広島・佐藤寿
    77分 名古屋・豊田

 広島 下田(GK)、小村、ジニーニョ、駒野、服部、
    ベット(38分高柳)、茂原、森崎和、
    李漢宰(64分ガウボン)、前田、佐藤寿
 名古屋 楢崎(GK)、秋田、古賀、角田、
    中谷(82分本田)、クライトン、安英学、藤田、
    杉本(85分山口)、中村、中山(68分豊田)

 警告 広島 ベット
    名古屋 秋田

行ってないので、見れていない。とりあえず記録のみ。詳細は、水曜のJSPORTSの録画中継を見てから、ということで。
まあ、次節までは2週間インターバルがあるから、そんなに慌てて見ることもないかもな。ところでこのインターバルは、名古屋にとって、いいのか悪いのか。インターバル明けは、だいたいチーム状態が悪くなってるのがパターンだけど、今回は悪くなりようもない、という気もする。もっとも、広島戦は勝っているからなあ。どんな試合だったか、分らないけど。

[追記 10/6] 昨日のJSPORTSの録画中継を見たので。
杉本が右サイドを駆け回って、好機を何度も作っていたなあ、という印象。中谷も、杉本ほどじゃないにしても、不用意なプレーの多さは相変らず気になるにしても、積極的に攻めて、左サイドからゴール前へ、よくボールを供給していた。
そういう名古屋の両サイドからの猛攻に、たまらず、ジニーニョがオウンゴールを犯してしまった、というんなら、それっぽいんだけど、実際はオウンゴールは、流れが本格的に名古屋に傾く前に生まれたし、その時、ジニーニョには、特にプレッシャーもかかっていなかった。魔が差したとしか言えんようなゴールだった。
どっちかというと、この失点で浮き足立った広島がミスを連発し、それを起点に名古屋が形を作ったという感じ。もっとも、名古屋もゴール前にクロスを入れても、その先が。中山が、ゴール前で存在感を見せ、いいターゲットになることで、名古屋の攻撃が形になっていたとは思うんだが、ボールをゴールに入れてくれんことには、何にもならんのだよなあ。運がないのか、FWとして力不足ということなのか。結局、広島を突き放せずに、前半終了。
そうなると、ハーフタイムを挟んで気を取り直した広島が攻勢に出始める。もともと、守勢に廻ったら弱い名古屋だし、後半半ばの同点ゴールは、流れから見て、必然だったようにも思う。にしても、この場面、楢崎は飛び出し過ぎじゃないか? この場面以外にも、ボールをうまく取り切れず、ファンブルしちゃう場面が目立ったような気もする。不調?
それでも、一方的に攻められたままでいなかったのは、やっぱり右サイドに杉本が居たからだろう。前半よりはペースが鈍ったが、それでもサイドを持ち上がってクロスを入れて、というプレーを丹念に続けていたし、それがとうとう実ったのが、豊田の決勝ゴールだった。豊田のボレーシュートは凄かった。豊田はある意味、中山と逆。出場機会はそれほど多くないし、すごく巧いとも思わないが、印象的な場面でゴールを決められる運を持っている。
あとは、この勝ち越し点で流れを取り戻した名古屋が、それなりに安定感のある試合運びで逃げ切った。
例によって、杉本の試合だったとは思うが、俊哉や直志が彼の持ち味を引き出す攻撃の組立てをした、ということでもあるし、クライトンが珍しく球離れが悪くなく、流れを崩さなかったのも大きい。あと、ヨンハッのカバーリングの的確さと激しさが印象的だった。
守勢に廻った時の脆さとか、自力ではなかなか点が取れない破壊力の乏しさなんかを見れば、賞賛出来るレベルの試合じゃないのは確かだが、攻撃的な場面で一瞬のぞく華やかさや、とりあえず勝ち切ったしぶとさを見ると、まだまだ捨てたもんじゃないよな、という気がしてくる。杉本への依存度が高過ぎるのは、やや気になるにしても。
1週休みは成熟のためのいい機会だと思いたい。休み明けには、(1週置いて)カシマスタジアムが待っているんだし。

|

« イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(10/2) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/4) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

試合内容は確かにイマイチでしたが、各選手の動きをみていると、僕は結構楽しめました。杉本がサイドに入ると、中谷まで動きが良くなるような気がします。ここからは博打で、今のシステムを継続を希望します。

投稿: ぐらぱち | 2005.10.07 01:12

いや、今の名古屋なら、この内容でも充分良くやったレベルじゃないかと。私も愉しんで見れましたんで。まあ、結果を知ってたからというのは、あるんでしょうが。
この日のシステムは、バクチというより、むしろ必須じゃないかと思ってます。杉本が消耗しちゃわないかというのだけが、気掛かりですが。本当に、全てが杉本にかかってるという感じですからね。

投稿: wrightsville | 2005.10.07 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/6241182

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第26節広島対名古屋:

» 2005年Jリーグディビジョン1第26節 広島vs名古屋 [Grampus8]
期中改変組大活躍の今節、・レイソル(1-0勝利)・トリニータ(3-0大勝)・ヴェルディ(4-4大ドロー)御多分に漏れる事無く、グランパスも1-2で勝利をもぎ取り、中田監督代行初星です。しか... [続きを読む]

受信: 2005.10.07 01:07

« イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(10/2) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/4) »