« セリーグ ヤクルト対横浜(10/14) | トップページ | JFL後期第8節横河対佐川印刷 »

J1リーグ第27節名古屋対川崎

2005.10.15(土) 16時 瑞穂陸上 雨
観客 6348人 主審 吉田寿光 副審 山崎裕彦、原田秀昭
(7分 副審 原田秀昭 → 奥谷彰男)

 名古屋グランパスエイト 1(0-1)4 川崎フロンターレ
              (1−3) 

 得点 1分 川崎・マルクス
    47分 川崎・ジュニーニョ
    54分 川崎・ジュニーニョ
    71分 川崎・ジュニーニョ
    79分 名古屋・古賀

 名古屋 楢崎(GK)、秋田、古賀、角田、大森、
    クライトン、藤田、安英学、杉本(78分山口)、
    中村、豊田(70分中山)
 川崎 相澤(GK)、伊藤、箕輪、寺田、アウグスト、
    久野、マルクス(75分今野)、中村、長橋、
    我那覇(89分黒津)、ジュニーニョ

 警告 名古屋 秋田、豊田、安英学、クライトン、楢崎
    川崎 アウグスト

JSPORTSで生中継を見てた。
酷い試合。どうしてインタ−バル明けは、毎度、こういうことになっちまうのか。練習に、何か問題があるんじゃないのか? でも、監督がいくら変っても、選手がいくら変っても、この傾向は全然変らないんだよな。不思議。
開始1分、カウンターからマルクスに先制を許す。多分に事故っぽくはあったけど、一方で、開始早々で、まだ選手の気持ちが充分試合に入ってなかった、という感じが露骨にする失点でもあった。一言で言っちゃうと、要するに選手が甘いってことなんだろう。
失点直後は、動揺してバタバタになっていて、立続けに失点しててもおかしくなかったが、とりあえずそこは持ちこたえて、その後、ゆっくりとではあったけど、ペースをつかみかけていたような気はする。ただ、ボールは支配していても、いっこうにシュートを打たないいつもの悪癖が顔を出し、決定機を一向に作れない。杉本がアウグストとマッチアップしながら、懸命に右サイドを崩して行っても、中で呼応する奴がいなくては。もっとも、豊田にやる気は見えたが、箕輪に抑え込まれていた。前節の決勝ゴールを見て、久々の先発に、ちょっと期待したんだけど、やっぱり力不足は否めなかった。彼以外の攻撃的な選手は、何をしてたんだか。シュート打っちまえよ!、という場面で、パスしまくってたよな。そんなにシュートが怖いか? 直志がミドルを一発打って、GKがあやうく弾いて、CKになった場面があったけど、ああいうシュートを、どうしてもっと打てない?
消極的な試合運びをしてれば、流れが向こうに行くのは必然で、後半立ち上がり、CKから失点。さらに、ジュニーニョの切れ込みに、古賀が相対しながら、寄せが甘くて、脇を抜くシュートを打たれ、決まって失点。とどめは楢崎がジュニーニョと交錯して与えたPK。楢崎、一度は止めたが、ジュニーニョに走り込まれて決められた。
その後、80分に、セットプレーからの流れで、直志のクロスから古賀が押し込み、1点は返したけど、それっきり。惨敗。
川崎が、イキイキとプレーしてるのが印象的だった。愉しそうで、やってることに迷いがない。中盤で競り合った場面で、名古屋が球を奪う場面は、それほど珍しくはなかったし、川崎のミスを突いて、名古屋が攻め込む場面も何度かあった。川崎の出来が特別良かったとは思ってない。でも名古屋は、みんな迷い倒していて、ひとつひとつのプレーが遅いし甘い。そういう中で、川崎が勝ったのは、必然的な成行きとも思えた。
大森が復帰出来たのは良かったし、あんな試合でも、最後まで冷静さを保ってプレー出来ていたらしく見えたから、やっとチームに大人が戻って来たという感じがしたけど、左サイドのあのポジションは不適だったと思う。大森で行くくらいなら、いろいろな難には目を瞑ってでも、中谷で行くべきだったんじゃないんだろうか。今のチームは、ザルな守備陣とビビリな攻撃陣から成っているんだから、過剰なくらい攻撃への意識付けをするのが、ちょうどいいんだと思う。大森の理性は、そういうやぶれかぶれな戦術すら阻んでしまいかねない。
結局、収穫は何もない試合だったように思える。

|

« セリーグ ヤクルト対横浜(10/14) | トップページ | JFL後期第8節横河対佐川印刷 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

グランパスが迷い倒したあげく、フロンターレが良いサッカーを貫徹できたのかも、しれませんね。僕はフロンターレの余裕すら感じさせる組織的な動きにビックリしました。ガンバより強いんじゃないか!!??とか。強いチームはやはりイキイキして見えるものですね。

投稿: ぐらぱち | 2005.10.16 23:28

この試合のフロンターレは、完璧ではないけれど、やりたいサッカーをノビノビやれてる、と思いました。今、乗ってるチームなのは確かだと思います。
ただ、比較的最近、他のカードでもこのチームを見てますし、その時の印象も含めると、良いチームになりつつあるけれど、ここまで良く見えるレベルでもないはず、と思う。そうなると、その差分は、やっぱりグランパスの問題なんだろうと思わざるを得ないです。

フロンターレは、1年当り数試合のレベルではずっと見て来たチームなので、部外者でも分る程度の紆余曲折は知ってますし、よくここまでチームを作り上げて来たよな、と思ってるんですが、グランパスには、そういう、作り上げて来たという感慨を持てる部分が、ほとんどないですよね。まあ、目指して来たものが違う、という言い方はあるのかも知れないですが。

投稿: wrightsville | 2005.10.17 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/6417821

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第27節名古屋対川崎:

» 2005年Jリーグディビジョン1第27節 名古屋vs川崎 [Grampus8]
1-4。完敗でした。しかしながら、悔しいという気持ちには全然なれません。なぜならば、フロンターレが素晴らしすぎたからです。フロンターレの押し上げ、プレッシングの、美しい一連... [続きを読む]

受信: 2005.10.16 23:24

» Jリーグ:名古屋対川崎@瑞穂陸上競技場(TV観戦) [Woogie's Footie Seven Days]
久々に名古屋の試合がスカパー(厳密にはJSports)で生中継。関東在住組みにはウレシスギマス!ということで、テレビの前で臨戦態勢。もちろん、ユニなんか来ちゃったり。しかも今日は大森先生復帰戦。否応がとも、盛り上がるではありませんか。ちなみに今日は大森は中盤に入ってます。ポジションは左のサイドかな。 いきなりかいっ!! えー、試合の経過を書こうと思う前にいきなりやられてしまいました。角田�... [続きを読む]

受信: 2005.10.17 00:00

« セリーグ ヤクルト対横浜(10/14) | トップページ | JFL後期第8節横河対佐川印刷 »