« ポール・ロジャース+クイーン | トップページ | 感想「SF戦争10のスタイル」 »

J1リーグ第28節大宮対浦和

2005.10.22(土) 15時 埼玉スタジアム2002 曇
観客 30038人 主審 奥谷彰男 副審 柴田正利、伊東知哉

 大宮アルディージャ 1(1-1)3 浦和レッドダイヤモンズ
            (0−2) 

 得点 3分 浦和・三都主(FK直接)
    7分 大宮・桜井
    53分 浦和・闘莉王
    69分 浦和・マリッチ

 大宮 荒谷(GK)、奥野、冨田、平岡(80分久永)、
    斉藤(65分西村)、トニーニョ、ディビッドソン、
    トゥット、藤本、桜井、レアンドロ(70分山下)
 浦和 都築(GK)、坪井、闘莉王、内舘、鈴木、
    長谷部、三都主、山田(67分堀之内)、
    ポンテ(81分酒井)、永井(88分平川)、マリッチ
 
 警告 大宮 平岡、藤本
    浦和 鈴木

テレビ埼玉の生中継を録画しといたのをやっと見た。
ここんとこ、4バックをシーズン当初の形に戻して、CBはトニーニョと奥野で構成していたけど、この日は平岡を右CBに起用して、トニーニョはボランチ。前に浦和に勝った時もこの形だったとはいえ、毎度毎度うまく行くとは思えず、逆にディフェンスが不安定になるのではという懸念を感じた。
結果的に3失点だったが、全部リスタートからの失点。流れの中では、それなりによく守っていたから、この布陣は、必ずしも失敗ではなかった。ただ平岡は、アレックスにFKを直接決められる最初の失点につながったファールを犯してしまったし、3点目のマリッチのシュートに対しても(これは永井のスローインが起点)、寄せに甘さがあった印象で、失点に絡んでしまった感はある。
ちなみに2点目はアレックスの左CKを、トゥーリオに叩き込まれたものだけど、トニーニョが追い掛けてはいるものの、ほとんどフリーで飛び込んで来たように見えた。最初の失点は、多分、どうしようもなかったと思うが、2点目と3点目は、対処次第でなんとか出来た失点と思うし、早々に先制されながら、すぐに桜井の鮮やかなシュートで追い付いて、やや押されながらも同点で踏ん張りつつ迎えた後半に、あの失点はない。ラストプレーでセットプレーから失点して勝ち点を失った、ホームの広島戦なんかもあったわけで、そういう所の甘さが、一向に直らないなと思う。そこの所の立て直しが急務だろうが、ずっと立て直せていないものが、ここでいきなり何とかなるというのも、考えにくいよなあ。
試合後のインタビューで、桜井が吐き捨てるように、負けてしまったら意味がない、完敗だ、という趣旨のことを言っていて、本人の意図がどの辺にあるのか分らないけれど、あまりにもあっさりと失点するあのディフェンスでは、攻撃陣のモチベーションが下がっちまいそうだな、とは思った。
とはいえ桜井も、あんな凄いゴールでなくてもいいから、コンスタントに毎試合、得点を積み重ねていれば、チームの成績はもっと良かったはずなんだけどな。
少なくとも流れの中での守備は悪くなかったし、攻撃にしても、自分たちのペースをつかんで、厚い攻撃を仕掛けた時間帯はあったわけで、そんなに酷いチーム状態ではないんだが、なぜか噛み合わない。トゥットを外して流れを変えてみたら、ということを思ってたけど、この試合も、チャンスメーカーとして機能した時はいいが(桜井のゴールもトゥットの絶妙なスルーパスが起点)、自身でのシュートは相変らず不発で、消化不良気味だった。代りに入れるメンバーも居ないんだけどねえ。レアンドロも山下も、結局不発だし。
とにかく、運が向いて来るのを願うしかないのかも知れない。だからって、名古屋戦で向いて来られても、それはそれで困る…ってのは、勝手な言い分だけれど(^^;

|

« ポール・ロジャース+クイーン | トップページ | 感想「SF戦争10のスタイル」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/6713292

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第28節大宮対浦和:

« ポール・ロジャース+クイーン | トップページ | 感想「SF戦争10のスタイル」 »