« L1リーグ第20節浦和対高槻 | トップページ | 感想「耳を傾けよ!」 »

J1リーグ第29節名古屋対清水

2005.10.29(土) 15時半 豊田スタジアム 屋内
観客 13826人 主審 山西博文 副審 宮島一代、江角直樹

 名古屋グランパスエイト 1(0-2)2 清水エスパルス
              (1−0) 

 得点 8分 清水・青山
    36分 清水・マルキーニョス
    66分 名古屋・角田

 名古屋 楢崎(GK)、増川、角田、古賀、大森、藤田、
    クライトン、安英学(60分本田)、杉本(76分中山)、
    中村、豊田
 清水 西部(GK)、青山、山西、森岡、市川、
    高木和、兵働、太田(89分和田)、枝村
    マルキーニョス(82分西野)、チョ・ジェジン
  
 警告 名古屋 なし
    清水 高木和

JSPORTSの録画中継を録画しといたのを見た。
前半は、かなり酷い出来。杉本を使って、右から組み立てて行こうという意識は感じられたが、杉本が、ちょっと覚えがないくらい、悪い出来だった。マークが厳しかったという面はあったんだろうが。ピッチも杉本のサイドはなんだか荒れていたので、そのせいもあったのかも知れない。杉本が機能しなければ、今の名古屋は、攻撃の形がほとんど作れない。必然的に、ひたすら守るだけの展開。
それでも守れてりゃいいが、左サイドを太田にひっきりなしに崩されるなど、攻め込まれて危ない場面が続く。序盤にCKのクリアボールから展開されて先制を許し、前半の終盤には、マルキーニョスのクロスボールに対して、ゴール前に飛び込んで来たFWに楢崎が気を取られ、ボールがそのままゴールイン。カシマで2年連続でやられたFKを思い出したよ。ああいう形に、楢崎はほんとに弱いよな。全く見所がないまま、0-2。
ところが、その後、なぜか流れが変った。2点リードで清水の気が緩んだのか? 優勢に戦っていた清水が、突然ガタガタになるってのは、他の試合でも見たことがある。ただ、一方で名古屋の選手の動きも、明らかにアグレッシブになっていた。ハーフタイムを挟んでというなら分るが、前半終了5分前くらいの所で、気が付くと流れが変っていた感じで、一体、何がきっかけだったのか分らない。いきなり名古屋の攻勢が始まり、押し気味で前半が終り、その流れは後半にも引き継がれた。
本当に決定的な場面が、それほどあったわけではないけど、前線で直志、俊哉を軸に両サイドからの仕掛が噛み合い始め、後ろからヨンハやクライトンが押し上げて絡む形も、スムーズになった。杉本もミスが減ったし、本当に不思議な感じだった。
そういう中から、直志のCKを起点に、こぼれ球を角田が決める。さらにその後も攻め続ける。結果を知って見ていても、何とか追いつけるんじゃないかと、つい思ってしまうくらい、悪くない流れで試合は進んで行った。まあ、結局は追付けないんだけど。80分頃、ゴール前で直志が決定的な場面でシュートを打ったが、外してしまったのが痛かった。
試合結果と、前半の出来の悪さを聞いた時には、かなりがっかりさせられたが、攻勢に出てから後の試合展開は、つまらないものではなかった。普通の状況なら、次の試合に期待でいいかな、と思ってしまいそうな試合だったと思う。ただ、ここまで降格ゾーンが近付いて来てる中ではそうそう悠長な事も言ってられんし、そもそも2失点するまでチームが機能しないってのは、どういうことだよ、とは思う。結局、ぬるいってことか、このチームが。
とはいえ、こっちはチームを見るだけの立場だから。後半の立ち直りが、次の試合(リーグ戦)につながるものと信じるくらいしか、出来ることはないしな。全く展望が見えず、絶望的な気分で次節を迎えるよりは、まだマシだと考えるしかないんだろう。少なくとも、選手の気持ちさえついてくれば、それなりの試合をするだけの力はまだあるということが、判っただけでも収穫か。

|

« L1リーグ第20節浦和対高槻 | トップページ | 感想「耳を傾けよ!」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/6864049

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第29節名古屋対清水:

» 2005年Jリーグディビジョン1第29節 名古屋vs清水 [Grampus8]
僕はサッカーを守備を中心に見るようにしています。崩れたのか、崩されたのか。又、崩したのか、崩れてくれたのか。良い攻めをされたのか、良い攻めをしたのかが、ボールだけを追うと...... [続きを読む]

受信: 2005.11.04 00:42

« L1リーグ第20節浦和対高槻 | トップページ | 感想「耳を傾けよ!」 »