« 感想「黒龍の柩」 | トップページ | 内山環 »

J1リーグ第30節大宮対名古屋

2005.11.12(土) 16時 埼玉スタジアム2002 晴
観客 7019人 主審 穴沢努 副審 下村昌昭、鈴木亮哉

 大宮アルディージャ 3(1-1)2 名古屋グランパスエイト
            (2−1) 

 得点 7分 名古屋・秋田
    44分 大宮・藤本(PK)
    52分 大宮・レアンドロ
    60分 大宮・トニーニョ
    82分 名古屋・鴨川 

 大宮 荒谷(GK)、奥野、トニーニョ、冨田、西村(87分平岡)、
    デイビッドソン、藤本、斉藤、久永、
    桜井(42分若林)、レアンドロ(81分金澤)
 名古屋 楢崎(GK)、秋田、大森、古賀、中村、
    クライトン(28分鴨川)、吉村(61分本田)、
    安英学、渡邊、藤田、豊田(73分杉本)

 警告 大宮 デイビッドソン、レアンドロ、荒谷
    名古屋 豊田、杉本

見に行った。
双方とも、日頃見に行ってるチーム同士の対戦だけれど、7月の名古屋ホームの時と同様、100%名古屋に肩入れ。大宮の方が残留レースで苦しい順位なのは分ってるが、名古屋もここで勝つか負けるかで状況は全く変って来るし、個人的な思い入れの度合いを言えば、圧倒的に名古屋の方が上だから、どうしたってそうなる。
それくらい重要な試合だったはずなんだけど、それを感じさせる意気込みが見えたのは、大宮の方ばかりで、名古屋はいつも通りの、策に乏しく、運動量に乏しく、ミスばかりが多いサッカーだったな。必然的に大宮が勝った。
もっとも、日頃やれてないことが、重要な試合だからと言って急に出来るわけもなく、むしろプレッシャーで動きが悪くなるくらいかも知れんし。それと、ずっと見て来た印象からすると、大宮に関しては、しばらく前から試合内容自体は必ずしも悪くはなかったが、ツキの無さで、ズルズル成績を落としていたという面があり、チーム力通りの力が出せれば、ここまで泥沼ではなかったはず。一方で名古屋は、明らかにチーム状態そのものが最悪で、負けるべくして負けているので、まともに噛み合ったら大宮有利という気はしてたし、その通りの結果と思わないではない。

開始7分、CKから秋田が押し込んで名古屋が先制したあたりは、大宮の最大の弱点のセットプレーへの対処の拙さが出た形。その少し後、主税のゴール正面からの直接FKがバーに当り、直下に弾んで外へ出てゴールにならなかった所は、いかにもここんとこの大宮のツキの無さが出た場面。ここまでは、完全に大宮の負けパターンで、名古屋が波に乗って行けるはずの流れだった。
前半半ば、クライトンが斉藤と接触して、そのまま負傷退場してしまう。後から考えると、やっぱりあれが流れを変えた。代って投入された初出場の鴨川にクライトンのような存在感はなく、大宮が優勢に試合を運べるようになった。名古屋は対抗策もなく、どんどん押し込まれるばかり。そうは言っても、大宮も決め手を欠いていたので、とにかく前半を1-0で乗り切って、ハーフタイムで立直すべきだったが、前半ロスタイムに渡邊が久永を倒してPK献上。久永の老獪さに、若い渡邊がまんまと嵌められた形で、同点での折り返し。いつもなら、久永を絶賛するところだが…。
こういう最悪の展開になると、名古屋が浮き足立たないわけはなく、今の無能な(実質代行)監督にチームを落ち着かせることが出来るわけもなく、ハーフタイムを挟んでも動揺が収まらず、後半はバタバタ。攻撃には展望がなく、守備にはミスが続発する中、まず古賀のクリアミスから1点。ここまで5試合に出て、どうしてもゴールを決められなかった新外国人FWのレアンドロが、ついにゴールを決めた。さらに秋田が、大宮のセットプレーから(こっちは多少不運もあったかも知れないか)ゴール前でトニーニョへ絶妙の折り返しをしてしまい3点目。
大宮的には、前半終盤に、痛んだ(と思われる)桜井が若林に交代していたのが大きかったと思う。桜井が、プレースタイル的にどうしても下がり気味で、前線での存在感を見せられなかったのに対し、若林はきっちりトップに張って攻撃の核になり、流れを呼び込んだ。上背があって反応も速く、このレベルが維持出来るなら、今後、森田の出番はないかも、と思うほど。(そういやあ、大宮の3点目のセットプレーは、若林が粘って得たものじゃなかったかな)
30分過ぎ、大宮がやや守りに入って、レアンドロを金澤に代えた。そこで生じた乱れを突いたのが、名古屋の後半のほとんど唯一の見せ場。こぼれ球から鴨川が叩き込み(これ自体、鴨川の唯一の見せ場だったが)、1点差に詰め寄ったが、そこから少しの間続いた優勢の時間帯にさらに追加点を上げられないと、後は尻すぼみになった。大宮は最後は平岡靖成を投入して、守備を固めて逃げ切った。

名古屋は、いったい、どういうチーム練習をしてるのか不思議になってくるくらい、選手間の連携や約束事がなく、それをカバーする運動量もなく(監督にしても、なぜあそこまで走らない(走れない?)直志を、90分使い続けたのか不思議でしょうがないが)、1対1でも、J1の中では必ずしも上位にあると言い難い大宮に劣勢を強いられ(特に両サイド。まあ、主税のレベルがそう低いとは思わないけど、直志はある意味、チーム内競争で主税を一度は駆逐した立場なのでは?)、お先真っ暗としか言いようがない状態だと思うよ。
大宮は、浮上のきっかけをつかんだ気がする。若林がリーグ戦でも使えそうな目処が立ったと思うし、レアンドロに初ゴールが生まれたのも好材料。得点さえある程度見込めれば、大宮のチーム成績は、そんなに大崩れはしないはずだから。
現時点では名古屋は、まだ大宮の上にいるが、ひっくり返るのも時間の問題という気がする。別に大宮との順位なんてどうでもいいが、大宮の下には勝ち点差4まで詰まって来た16位柏がいる。残り4試合、逃げ切れるのかどうなのか。そういう不安に駆られることで、さらに状態が悪化して行きそうなチームなだけに、非常に不安。覚悟はしておいた方がいいのかも知れない。

|

« 感想「黒龍の柩」 | トップページ | 内山環 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

>ひっくり返るのも時間の問題

一体何チームにひっくりかえされたことか。今更びびらなくなってきました。麻痺してます。ただ、鴨川は個人的にはよかったと感じました。あと数試合みてみたいです。シーズンが終わりを告げるかもしれませんが。

投稿: ぐらぱち | 2005.11.14 23:28

鴨川はぱっとしねえなと思って見てたんですが。とはいうものの、攻撃的にはまるで無策と思えたあの状態では、往年のウェズレイや、マルケスのような、一人で何とかしちゃうスーパーFWでない限り、誰でもそうだったろうなとも思います。
麻痺はあんまりないですねえ。ただ、ぷちぷち間合いが開きながら試合をしてるので、前の試合の状況を忘れてて、そういえば連敗してたんだっけ、と思い返す、みたいな所はありますね。こういう日程だと、間合いで悪い流れをリセットする、ということもやりやすそうにも思えるんですが、それが出来ないチームですよね。

投稿: wrightsville | 2005.11.16 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/7078250

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第30節大宮対名古屋:

» J1・大宮アルディージャ-名古屋グランパス [劇団天野屋 Part3]
2005年11月12日 16時 埼玉スタジアム2002 観衆7,019人 大宮ア [続きを読む]

受信: 2005.11.13 16:26

» 11月12日大宮対名古屋 [グランパス親子観戦記]
いやぁ、秋田の名古屋での初ゴール観れたし、 鴨川のデビュー&初ゴール観れたし、良かった良かった!! って、結果は......。 1点取った後、守りに入って両サイドハーフは引き気味だし、 中盤省略でトップに放り込むもことごとく相手にカットされてしまうし、 あげくにクライトンが負傷退場して更に劣勢へ...。 清水戦同様、流石に3点目を取られてからは攻勢に出るも、後の祭り状態。 残り4試合、死ぬ気で闘ってほしい!! 因みに下位チームの今後の対戦相手は以下の通り。 ..... [続きを読む]

受信: 2005.11.14 05:41

» グランパスVS大宮  [トヨタファン]
グランパスは今回も負けて4連敗してしまい、これで降格争いにドンドン近づいてきました。 天皇杯でJFLに勝ったくらいで勢いがつくのじゃないかと書いてる記事をよく見ましたが、私は試合内容が良くないと駄目だろうと思ってたけどその通り負けてしまいました。 録画した試合を観ましたが、得点できそうな気がしませんでした。 前線にパスを出しても後ろから走り込んでカバーする選手もいなくて直ぐに囲まれて終わり... [続きを読む]

受信: 2005.11.14 15:10

» 2005年Jリーグディビジョン1第30節 大宮vs名古屋 [Grampus8]
2-3の敗北です。軽く4連敗です。 負けることに対して、感覚がかなり鈍ってきました。 "勝ってないだけ"。とさえ思えるようになっています。 試合内容よりも、これから、これまでの事について、 ふつふつと疑問が頭をよぎります。 仮に降格となれば、収益性の低いJ2で、 高年..... [続きを読む]

受信: 2005.11.14 23:23

» J1 大宮vs名古屋 [Takashi's Blog]
結局、埼玉スタジアムまで来た。J1リーグ「大宮vs名古屋」。ともに降格という文字 [続きを読む]

受信: 2005.11.21 23:08

« 感想「黒龍の柩」 | トップページ | 内山環 »