« 大宮対ガンバ大阪 完売 | トップページ | 感想「The Sound of Murder」 »

J1リーグ第31節名古屋対G大阪

2005.11.20(日) 14時 豊田スタジアム 晴
観客 22110人 主審 家本政明 副審 安食弘幸、伊藤力喜雄

 名古屋グランパスエイト 2(1-1)1 ガンバ大阪
              (1−0) 

 得点 4分 名古屋・鴨川
    36分 大阪・遠藤(PK)
    66分 名古屋・クライトン 

 名古屋 楢崎(GK)、秋田、井川、大森(34分吉村)、
    安英学、中村、藤田、角田(80分山口)、本田、
    クライトン、鴨川(60分杉本)
 大阪 藤ケ谷(GK)、シジクレイ、宮本、山口、遠藤、
    フェルナンジーニョ、二川、家長、渡辺(79分森岡)、
    アラウージョ、三木(79分松波)

 警告 名古屋 井川、安英学、角田、中村
    大阪 家長

見に行ってた。

先週の極寒な試合を見た後では、勝ち試合を見れるという期待は全く持ってなかったが、今年最後の豊スタだし、ガンバ戦のリーグ戦て、実は94年以降、一度も生で見てなかったりするので、いい機会だからと思った。それに、この状況下で、ネットの速報見ながら苛々してるなんて、嫌じゃないですか。
(追記11/21 NHKの地上波で中継やってたらしく。ネットの速報じゃなくても、試合は見れたんだ。知らなかった(^^; まあ、知ってても行ったんだけど)

ところが、前節とは見違えるような積極的な試合ぶり。大森のロングフィードから、鴨川がヨタつきながらもゴールへぶち込んで、前半早々に先制。先週もここまではやったんだよなと思ったが、その後もなかなかスローダウンしない。ただし、ディフェンスはあぶなっかしく、特に右サイドは角田が家長に抜かれる抜かれる。やられるのも時間の問題か、と考えていたが、ガンバはトップの選手に当りがなく、なんとか持ちこたえていた。
しかし、30分を廻った所で、右ストッパーで入っていた大森が故障で退く(大丈夫か? 長期欠場の原因になったあたりを、またやっちまったんでなければいいが)。代わって吉村が投入されたが、マークの確認などで、右サイドのディフェンスが混乱気味になっていて、そこを家長に突かれた。ペナルティエリア内で抜け出されかかって、ヨンハが引き倒しPK。遠藤が決めて同点。まるっきり先週と同じ展開じゃねえか。

だが、後半の展開は違った。というか、前半にしても、得点経過はそっくりでも、選手の動きは前節と違って非常に意欲的ではあったんだけれど、後半に入ってもそれが落ちなかった。隙は多いし、簡単に抜かれがちだが、諦めず粘り強いディフェンスをしていたし、カバーリングも良かった。攻めて行こうと言う意思も、強く感じられた。
そうして、攻勢に出た時間帯の流れの中で、角田が正面からシュートを放ち、GKが弾いた所にクライトンが詰めて行って押し込んだ。再度勝ち越し。
その後も決してベタ引きにならず、常に攻撃の機会を伺いつつの試合運びだった。押し込まれる場面は少なくなく、やられたか?と思ったことも、1度や2度じゃなかったが、チーム全体で、気迫で守り抜いたという感じ。もっとも、ガンバの攻撃は単調で、名古屋の隙に付け込む勢いもなかったな、という印象を受けたのも事実。ナビ杯の決勝の時といい、チーム全体がピークを過ぎつつあるのかも知れないという気はした。

なんにしても、とにかく嬉しい勝ち試合だった。
なんでここまで、こういう試合運びが今まで出来なかったか、と思わないではないけどね。やっと、尻に火が点いたのかよ?、と言いたい気分もないではないが。 
優勝を目指して、引分けじゃなく勝ちたいという意識が強いガンバが相手だから、はまったという面はあるんだろうとは思う。ただ、それを割り引いても、前節の惨状からは想像も出来ない試合ぶりだった。

鴨川の2試合連続ゴールはお見事。前節、ゴール以外はなあ、という印象だったが、生かすボールが供給されれば、きっちりやれるFWだというのは見せてもらった。疲れ気味になったらしい所で杉本に交代し、杉本もゴールはなかったが、いい動きを見せていた。
あと、本田のトップ下、クライトンの前線起用が当たり。ボールの廻り方が全然違った。点を取りに行くための開き直りな布陣だったのかも知れないが、元々このチームは、脆弱なディフェンスなんだから、本来、そういうサッカーをするべきなんだよ。
藤田・秋田が献身的に働いていたし、他の面々も、要所ではよく締めていたと思う。細かい点を言えばいくらでもあるれど、少なくとも差し引きゼロになるくらいの働きは、今日はみんなしていたと思う。

これで入替戦回避の目処も、かなり立ったと思う。まあ、ほっとしないで、水曜のヴェルディ戦できっちり勝ち点を稼いで、自力で残留を確定して貰いたいもんだけど。そういうことがなかなか出来ないチームではあるが、首位相手にこれだけの試合をすることも出来るんだから、やってくれよ、という感じだな。

|

« 大宮対ガンバ大阪 完売 | トップページ | 感想「The Sound of Murder」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

TBしました。
試合が始まるころにはゴール裏は日陰になり、寒くなりましたが、試合は熱かった。久しぶりに感動できる試合を見ることができました。

投稿: くろ | 2005.11.22 18:23

TB&コメントをありがとうございます。
目の前で見た試合で、ここまで熱くなれたのは、4月の柏以来か?、というくらいで、とりあえずは嬉しい試合でした。しかし、なんで日頃、これが出来ねえんだろうなと思うと、それはそれで釈然としない気分にはなるんですがねえ。

投稿: wrightsville | 2005.11.23 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/7240017

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第31節名古屋対G大阪:

» フォーメーションのずれ [新右衛門ブログ]
昨日J1の第31節が行われました。最近は上位の優勝争いばかりに目がいきがちですが、ついに降格のクラブが1チーム決まってしまいました。それはヴィッセル神戸です。非常に残念で [続きを読む]

受信: 2005.11.21 14:09

» J1 名古屋vsG大阪 [Takashi's Blog]
こんなことってあるんですね。正直、先週の時点では考えられなかった。大物食いのジン [続きを読む]

受信: 2005.11.21 23:03

» 窮鼠猫を噛む J1リーグ第31節 名古屋×G大阪 [くろグ]
 前節、下位の大宮に敗れ、4連敗。入れ替え戦の足音も聞こえてきた我が名古屋グラン [続きを読む]

受信: 2005.11.22 18:22

» 2005J1 第31節 名古屋グランパス×ガンバ大阪 (豊スタ) 2-1 楢崎男泣き!? [気ままなNotes...]
 今晩は、深夜1時から朝の7時までgooブログのメンテナンスに入るから、さっさと記事を書かないと!サッカーJ1第31節、名古屋グランパス×ガンバ大阪の試合が愛知県豊田市の豊田スタジアムで行われた。NHK総合テレビでの全国中継もあり、東京国際マラソンの結果も気になるので(嘘)、行けるのに生観戦には行かなかったです。ってことで、ガンバさまさまの観客22,110人の中には自分は含まれていません。ストイコビッチの御前試合となったガンバ戦は、... [続きを読む]

受信: 2005.11.22 21:43

» 2005年Jリーグディビジョン1第31節 名古屋vsG大阪 [Grampus8]
かなり微妙な内容でしたが、2-1の勝利。調味料を間違えたら、案外旨かった料理というのか、道を間違えたら、実は近道だったというのか。どういう訳だか、勝利の女神は、ガンバではな... [続きを読む]

受信: 2005.11.22 22:38

« 大宮対ガンバ大阪 完売 | トップページ | 感想「The Sound of Murder」 »