« スワローズ ファン感謝デー | トップページ | J1リーグ第31節神戸対大宮 »

J1リーグ第32節東京V対名古屋

2005.11.23(水) 15時 味の素スタジアム 晴のち曇
観客 11506人 主審 高山啓義 副審 宮島一代、金子聡一郎

 東京ヴェルディ1969 0(0-0)0 名古屋グランパスエイト
             (0−0) 

 東京 高木(GK)、山田、相馬、柳沢、上村、戸田、
    小林大、小林慶(84分塗師)、玉乃(66分町田)、
    ワシントン、ジウ(84分森本)
 名古屋 楢崎(GK)、秋田、井川、安英学、中村、藤田、
    吉村、角田、本田、クライトン(45分杉本)、
    鴨川(75分豊田)

 警告 東京 山田、相馬、小林大
    名古屋 杉本

見に行ってた。

名古屋は前節、大森が退いた後の、後半と同じ布陣でのスタート。当然、前節の勢いを生かしたいという意図だっただろうし、実際、積極的な試合運びの余韻は感じられたが、お世辞にも良いとは言えない連携と不安定なディフェンスをヴェルディに見抜かれて、次第に追い込まれて行った。ヴェルディは、降格寸前とはいえ、変に焦って雑な試合運びをするわけでもなく、組み立ては鮮やかで、へたすると、前節対戦したガンバよりも、内容はいいのではと思うくらいだった。最終ラインは高く押し上げて安定してたし、セカンドボールへの寄せも的確、両SBはがんがん上がって、それがまた、きれいに機能して、名古屋ディフェンスを翻弄していた。ただ、決定的に足りない物がひとつあって、それはFWの決定力。ゴール前に決定的なボールが何度も通りかけるが、それに対して、ワシントンが何も出来ない。コンディションに問題を抱えているのだそうだけど、かといって、ジウや玉乃が、その穴を埋めるわけでもない。ゴール前で秋田や井川が何とか凌いでた面もあるが、多分にヴェルディの自滅という形で、前半はどうにかスコアレスで折り返し。

ちなみに井川に関しては、良く凌いだプレーがある一方で、とんでもない抜かれ方をする場面も再三。差引するとマイナスだと思う。もっとも、失点してない以上は、イーブンかな?(^^; あと、ポカしてもメゲない(少なくともそう見える)姿勢が、この2試合、なぜか姿を見せない某DFに比べると、メンタルの強さと感じられて、まだ井川の方がポカしても許せそうかも、という気にはなる。

後半、FWをクライトンに代えて杉本を投入。それでも序盤は流れは変わらなかったが、ヴェルディが逸機を繰り返しているうちに、さすがに後半半ばには名古屋が攻勢に出る時間帯が生まれ始めた。中盤の連携と、鴨川・杉本がうまく噛み合って、決定機を何度かは作った。でも、決め切れない。後半30分過ぎには、鴨川に代えて豊田を投入、豊田も積極性を感じるいいプレーはあったんだけど、これも決定機までは行かない。まあ根本的には、うまく噛み合った攻撃が出来てる時間が少な過ぎ。つなごうとする明確な意図の感じられないおおざっぱな蹴り込みや、ヴェルディの寄せに対して、出し手も受け手もあまりにも無警戒なパスが多過ぎ。
それでも、攻めようという意欲が最後まで持続していたのは、一時期のことを考えたら、よっぽどマシなんだけど…。タイムアップまで5分を切って、J1残留のために少しでも勝ち点を積むという意味では、もう引き分けでもいいからと思うような時間帯まで、精度の低い攻撃を続けてボールを奪われ、ヴェルディの反撃機をせっせと作っていたのはどうかと思った。もう少し、状況判断てものが、チームして出来ないもんなんだろうか。万一、柏が勝ってたら、という想定は、あったのかも知れないが。

とはいえ、ヴェルディの決定力の無さも最後まで改善されることはなく、逃げ切った形でスコアレスドロー。結局、柏は引き分けたため、これで名古屋のJ1残留が確定。

まあ、普通の状況なら、呆れちまうようなレベルの出来だったようには思うが、今の状況下では残留出来さえすりゃあ、それ以上の事は望まない。この結果で充分。ヤレヤレ、良かった。ほっとした。
とはいうものの、目標を見失った残り2試合が、無気力な消化試合になっちまったら、それはそれで怒るけどね。それとこれとは話が別。来季の体制が不透明な状況では、来季につながるプレーを、と言っても難しいだろうけど、最後は選手個人の問題になってくるんだし、少なくとも一人一人が、自分をアピールしていくようなプレーは出来るはずだと思うし。

|

« スワローズ ファン感謝デー | トップページ | J1リーグ第31節神戸対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

井川の立場は微妙でしょうね。いまいちどこのポジションで光る選手なのか、よく分からないってとこですかね。

投稿: ぐらぱち | 2005.11.25 21:46

まあ、この日のポジションにしても、増川が居れば、それで充分の訳で。まだサイドの方が、ポカが致命傷に直結しにくいだけ、いいかなと思うけれども、ここも角田で充分と思うし(彼は彼で、問題アリですが)。結局、困った場所での便利屋的な使い方しかないか、という感じですかね。井川は、それでいいのかどうか。
正直、見ていて、かなり怖いし、レベル的には古賀の方が間違いなく上だと思うんですが、彼のメンタルの弱さと間の悪さは、どうにもこうにも。

投稿: wrightsville | 2005.11.26 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/7303038

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第32節東京V対名古屋:

» 2005J1 第32節 東京ヴェルディ1969×名古屋グランパス (味スタ) 0-0 J1残留決定。 [気ままなNotes...]
 サッカーJ1第32節、東京ヴェルディ1969×名古屋グランパスエイトの試合が、東京・味の素スタジアムで行われた。J's GOALのリアルタイム速報および日刊スポーツの速報データ、速報Jリーグの試合状況の一部映像しか見てない。首位ガンバ大阪に気合で勝った後の試合で、また取りこぼすのか?と心配したが、結果は0−0の引き分け。まぁ、相手も必死だったんだろう。いくら相手が必死とは言え、0-0のスコアレス... [続きを読む]

受信: 2005.11.25 00:11

» J1 東京Vvs名古屋 [Takashi's Blog]
やっぱり気になるマイクラブ。ガンバ戦のようなああいう試合を見せられると、もうたま [続きを読む]

受信: 2005.11.25 07:27

» 2005年Jリーグディビジョン1第32節 東京Vvs名古屋 [Grampus8]
0-0のドローにて、めでたく残留決定のこの日を迎える事となりました。考え方に間違いがあるかもしれませんが、昨年までは、夏と冬に決して少なくない数の消化試合に、見舞われていた... [続きを読む]

受信: 2005.11.25 21:43

« スワローズ ファン感謝デー | トップページ | J1リーグ第31節神戸対大宮 »