« JFL後期第14節デンソー対ホリコシ | トップページ | J1リーグ第32節大宮対G大阪 »

J1リーグ第33節名古屋対新潟

2005.11.27(日) 15時 瑞穂陸上競技場 曇
観客 10088人 主審 松尾一 副審 高橋佳久、相葉忠臣

 名古屋グランパスエイト 0(0-0)1 アルビレックス新潟
              (0−1)

 得点 49分 新潟・アンデルソン・リマ(FK直接) 

 名古屋 川島(GK)、秋田、井川、安英学、中村、
    藤田、吉村(70分山口)、角田、本田、
    鴨川、豊田(75分増川)
 新潟 木寺(GK)、萩村、海本慶、藤井、菊地(76分桑原)、
    本間、寺川、田中亜(61分岡山)、アンデルソン・リマ、
    ファビーニョ、エジミウソン(89分上野)

 警告 名古屋 角田、秋田、井川、鴨川
    新潟 菊地、田中亜、藤井

見に行ってた。

スタメンや控え選手の顔触れに、消化試合の雰囲気が漂ってたし、内容的にも消化試合そのもの。双方とも、大して見所のない試合だった。
ただ、新潟は、ブラジル人トリオが絡めば、それなりの展開は作れていたから、名古屋よりは面白味があったと思う。
対する名古屋は、今年、あまりにも酷い試合を見過ぎたから、この程度ではそれほど酷いとも思えなくなっていたけど、とにかく何にもない試合だった。選手は動き続けてはいたし、これで連携さえうまく行ってりゃあ、面白い展開が作れるかも知れんのだけど、と思った場面もあったけれど、それって、今年7月に今のメンツが揃った時から、一歩も進んでない。しかも、当時、一人で気を吐いていた杉本が居ないとなれば、これは明らかにあの頃よりも悪い。
それでも、スコアレスドローで終っても良さそうな流れだったが、後半序盤に、アンデルソン・リマにFKを直接ぶち込まれて失点。その後、岡山が投入され、直後、岡山のシュートがポストを叩く場面があった。どうせ名古屋が負けるんなら、あのシュートが決まってても良かったな。岡山のシュートだもんな。まあ、ゴール前にあれだけ見事に顔を出しながら決められないとこが、岡山らしさでもあるが。
名古屋の決定機は、リマのFKの後に、直志がゴール正面から蹴った直接FK2本くらいしかなかった気がする。あのどっちかが入ってれば、ドローだったが、そういう所のうまく行かなさも、いかにも今年の名古屋という気はした。
で、結局、新潟の優勢勝ちってとこかなと。

いまさら、失望もへったくれもないが、ホーム最終戦くらいは意地を見せて欲しかったな。いや、気持ちらしきものは、何となく感じたのだけど、ただでさえ貧弱なチーム内の連携が、場当たり的な対応の連続でさらに蝕まれた状態では、イケイケがスタイルのガンバならともかく、守備意識の強い下位チームには通用しなかったということだと思う。どんな年でもなぜか負けなかった瑞穂最終戦に負けたというのが、今年の酷さを物語っているようにも思う。
来年に向けて、立て直しは出来るんだろうか。このまま行ったら間違いなく来年は降格、というくらいの危機感を持ったチーム運営を、今のフロントに期待出来るのかどうか。非常に不安。

|

« JFL後期第14節デンソー対ホリコシ | トップページ | J1リーグ第32節大宮対G大阪 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/7387883

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第33節名古屋対新潟:

» 2005年Jリーグディビジョン1第33節 名古屋vs新潟 [Grampus8]
その昔アインシュタインは言いました。"全ての人は、目に見えない笛吹きの曲に合わせて踊っている"と。それならば、サッカーの試合では、"全ての選手は、目に見える笛吹きの曲に合わ... [続きを読む]

受信: 2005.12.02 00:59

« JFL後期第14節デンソー対ホリコシ | トップページ | J1リーグ第32節大宮対G大阪 »