« J1リーグ第29節名古屋対清水 | トップページ | 天皇杯4回戦大宮対京都 »

感想「耳を傾けよ!」

「耳を傾けよ!」 エド・マクベイン ハヤカワポケミス
87分署もの最新刊。
デフ・マンもので、例によって、言葉遊びが頻出しており、訳者の苦労がしのばれるのだけど、「八頭の黒馬」あたりから後のデフ・マンものって、事前に手掛かりを送りつけて来ると言いながら、その手掛かりが脆弱なように思えてならなかったりする。なんでこの程度の手掛かりで、話がそううまく進むんだろう、みたいな違和感を覚えてしょうがない。検証のツメが甘くて、解決に納得出来ない本格ミステリのよう。本書もそう。
しかも、言葉遊びの部分が、やむを得ないことだけど、非常に読みにくく、分かりにくい。
刑事一人ひとりのサイドストーリーも、旧作の繰返しが多くて、かなり食傷気味。(特にキャレラとクリングのパート)
達者な職人作家だから、それなりに読ませるし、おなじみのキャラクターが動き回ってる愉しさはあるが、それだけ、という感じ。まあ、87分署ものは、既にだいぶ前から、そういう風になっているし、こちらもそれを承知で付き合い続けているのだけど、デフ・マンものは特にその傾向が顕著と思う。シリーズ内シリーズだから、二重にマンネリ化してると考えれば当然か。
そうはいっても、あと少しで終わってしまうと思えば、それなりにさみしさもあるけれど。

|

« J1リーグ第29節名古屋対清水 | トップページ | 天皇杯4回戦大宮対京都 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/6871033

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「耳を傾けよ!」:

« J1リーグ第29節名古屋対清水 | トップページ | 天皇杯4回戦大宮対京都 »