« 全日本女子サッカー選手権準決勝 湯郷対TASAKI | トップページ | 感想「古地図に魅せられた男」 »

天皇杯準決勝大宮対浦和

2005.12.29(木) 15時 国立 晴
観客 31441人 主審 松村和彦 副審 山崎裕彦、中井恒

 大宮アルディージャ 2(1-1)4 浦和レッドダイヤモンズ 
            (1-1)
            (0-2)
            (0-0)

 得点 23分 浦和・マリッチ
    26分 大宮・片岡
    62分 浦和・長谷部
    89分 大宮・冨田
    95分 浦和・山田
    102分 浦和・長谷部

 大宮 荒谷(GK)、西村、片岡、奥野、冨田、
    ディビッドソン(65分金澤)、斉藤、久永、
    横山(71分島田)、桜井(12分若林)、森田
 浦和 都築(GK)、坪井、堀之内、細貝、鈴木、
    長谷部、三都主、山田(104分赤星)、
    ポンテ(87分酒井)、岡野(77分永井)、マリッチ

 警告 大宮 横山
    浦和 鈴木、細貝、永井

見に行ってた。結局、大宮の天皇杯4試合を、全部見に行ってしまったことになる。

試合は最初から浦和ペース。大宮の出来は、あんまり良くはなかったと思う。浦和にスピードで劣っていた。パスミスも多かった、というよりは、走り負けているので、通るはずのパスが通らなかったと言う方が正しいか。大宮には鹿島戦の疲れが残っていたのかも知れない。元々主税を警告累積で欠いていたし、開始10分で桜井が故障で退き、奥野は戻ったけれど、相変わらずメンツでも見劣りしていた。
ほとんど攻められ放しだったけど、それでもなかなか破綻しなかったのは、やはり相手の攻め手を消す布陣の安定性のおかげだろうな。あとは、浦和の一部の選手が、大宮をなめてたくさく、その辺も影響したかと思う。
とはいえ、23分、ポンテのCKからマリッチに押し込まれる。よく踏ん張ったけど、ここまでか、と思った。ところがところが。
26分、ゴール正面でFKを得ると、久永がチョン蹴り。それを片岡が蹴ると、ボールはポストに当たって、ゴールの中へ跳ね返る。あっという間に同点。
その後も試合のペース自体は変らなかったが、微妙に大宮が盛り返した感じで前半終了。それでも、終了直前には、浦和のクロスバーを叩いたシュート(堀之内)もあって、ツキで何とか持ちこたえてる感じもあるなあ、とは思った。

後半も流れはそんなに変らない。浦和優勢のまま時間が過ぎて行き、17分、右サイドから攻め込まれて、そちらにディフェンスがシフトした所を、逆サイドへ入って来た長谷部にパスを通された。長谷部はシュートをミスったんだけど、それが不幸いして(^^;荒谷の頭上を越えるループシュートになり、またも浦和に先行される。その後、浦和は次第に守りに入り、大宮が攻め込む場面が度々生まれたが、なかなかシュートへ結びつけることが出来ない。やっぱり駄目かと思ったロスタイムに入る寸前、大宮は10人が攻め上がった総攻撃状態で、浦和のクリアボールがハーフウェイライン付近に落ち、そこへついに荒谷までもが上がって来て、ゴール前へボールを蹴り込んだ。混戦の中、森田がヘッドで合わせたのは阻まれたが、こぼれを冨田が押し込み、再び同点に追いつき延長へ。

同点になった時点で、浦和は逃げ切りにかかって、かなり布陣をいじっていたし、大宮は選手は入れ替わっていたけど、構成自体はそれほど変えていなかったから、これは案外大宮有利かも知れんと思った。実際、延長に入って大宮は、それなりにいい形で攻撃出来ていたと思うんだけど、延長5分、長谷部のパスから山田に押し込まれ、三たび先制された。その後、猛攻を掛けるも、12分に長谷部に独走ドリブルのカウンターを許し、そのままゴールを決められ、さすがにこれがとどめになった。

まあ大宮は、常に先手を打たれ、内容的にも劣勢だったから、敗戦はやむなしかとは思う。長谷部に振り回されたという感は強いけれども、それ以外でも、総じて浦和の方がきっちりした組立をやっていたし、大宮は自分たちでのミスが多過ぎた。でも、あそこまで粘ったんだから、勝たせてやりたかったなとは思った。
悪天候が予想される元日に、国立へ行く必要がなくなって、助かった気はするけどもねえ。そういやあ、女子選手権の決勝も行けないや。行かないのは何年ぶりだろうな。

|

« 全日本女子サッカー選手権準決勝 湯郷対TASAKI | トップページ | 感想「古地図に魅せられた男」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/7898940

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝大宮対浦和:

» 天皇杯準決勝・大宮アルディージャ-浦和レッズ [劇団天野屋 Part3]
2005年12月29日 15時 国立競技場 観衆31,441人 大宮アルディージ [続きを読む]

受信: 2005.12.30 07:07

« 全日本女子サッカー選手権準決勝 湯郷対TASAKI | トップページ | 感想「古地図に魅せられた男」 »