« J1リーグ第32節大宮対G大阪 | トップページ | JFL後期第15節佐川東京対横河 »

J1リーグ第34節千葉対名古屋

2005.12.3(土) 14時 フクダ電子アリーナ 晴
観客 17003人 主審 柏原丈二 副審 山口博司、犬飼一郎

 ジェフユナイテッド市原・千葉 2(0-0)1 名古屋グランパスエイト
                 (2−1)

 得点 81分 名古屋・鴨川
    89分 千葉・阿部(PK)
    89分 千葉・坂本 

 千葉 櫛野(GK)、斎藤、ストヤノフ、坂本、阿部、
    佐藤、山岸(76分林)、羽生(83分工藤)、水野、
    ハース(89分中島)、巻、
 名古屋 楢崎(GK)(52分川島(GK))、秋田、大森、安英学、
    中村、藤田、山口(56分中島)、角田、本田、
    鴨川、豊田(83分杉本)

 警告 千葉 ストヤノフ
    名古屋 本田、藤田、角田、中村

見に行ってた。

名古屋は、ここ数試合の中ではマシな部類の試合をしてたと思う。積極的に仕掛ける意欲はあったし、久々にまともなDFが3人(大森、秋田、ヨンハ)揃ったバックラインも悪くない出来。左ストッパーのヨンハがちょっとやりにくそうで、水野に手こずったりしてはいたけど、全体としてはよく守ってた。前半は、押されてはいても、まともなシュートはほとんど打たれてなかったんじゃないかな。
もっとも、攻撃に関しては全然駄目。ジェフの押上げに中盤が押し込まれて、次第にトップとの距離が開き、精度の低いロングボールを放り込むくらいしか攻撃の手立てがなくなった。たまにサイドから持ち上がっても、思い切りの悪いプレーに終始して、中途半端な形でボールを取られてカウンターを食らう。前半に関しては、目の前だったこともあるが、特に角田の中途半端さが眼に付いて、しょうがなかった。まあ、角田だけじゃないが。たとえば本田にしても、センスの良さは間違いないけれど、あのスピードの無さは、結局、致命的なんじゃないんだろうか。
直志は、最近にしては、消えている時間があんまりなくて、ムラなくよく動いてると思った。

後半序盤、ジェフが気合いを入れ直したのか、押し込まれてちょっとばたつき、そういう中で山口慶と楢崎が交錯して、2人とも負傷退場してしまう非常事態が発生。もっとも、代りに入った川島と中島は、よく後を埋めたし、これが試合の流れに影響したとは、あんまり思わなかったが。
元々押され気味の試合は、一向に流れが変ることもなく、でも何とかディフェンスが持ちこたえ、試合が終盤に差し掛かった所で、ロングボールにジェフのゴール前で豊田が反応。ジェフGKの櫛野と競って、双方倒れ、こぼれたボールは鴨川へ。鴨川が無人のゴールへループシュート。決まって先制。鴨川は結局今季3得点。全部目の前で見たが、全部、どことなく怪しさの漂うゴールだったな。
で、勝ち逃げか、と思ったがロスタイム。PKを与えて追いつかれる。さらに直後のキックオフから、まだ泡食ってる所を攻め込まれ、バタバタしてる中を押し込まれる。結局、逆転負け。開幕戦のジェフ戦でも、2-0で勝ってて、残り10分で追いつかれたよな。1年間、成長してないっつうか、今度は負けてるんだから、退化してるっつうか。いずれにしても、今年を象徴するような試合になってしまった。

スコア的にはかなりきわどくて、勝ってても不思議はない試合だったけど、やってるサッカーの質が違うというのは、しみじみ感じた。スタンドからピッチが近くて、目の前を選手が走ってるフクアリだから、特にそう思ったのかも知れない。もちろんジェフはほぼベストメンバーだった一方で、名古屋は故障で欠けてるレギュラー選手も居たけど、彼らが居たからと言って、どれだけ戦力が向上したかは疑問。アクシデントでの選手の負傷退場がなかったとしても、これ以上の試合が出来たとも思えない。
結局、順当負けというのが現実だと思う。それを踏まえて建て直さないと、このチームは来年は本当に降格しちまうと思う。とても不安。

|

« J1リーグ第32節大宮対G大阪 | トップページ | JFL後期第15節佐川東京対横河 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

PK取られるまでは、中田体制以来、最高の内容だったと思います。安、川島、鴨川、角田に山口。持ち味を存分に味わえたと思います。ただ、こういう時に、こういう風に、こういう事になるといけないぞ。という事を、ことごとくこなしてしまったグランパス。今年のジェフ戦の2試合が、今期のグランパスを象徴しているのだと、思えてなりませんでした。

投稿: ぐらぱち | 2005.12.04 01:27

ジェフとのチームの完成度の違いが、やたらと目に付いて、不満は多々あったんですが、確かに、ここ数試合の中ではベストに近い内容だったと思います。それでもこういう結末になっちまうという所に危機感を覚えるし、勝って、うやむやにめでたく終わるより、来年につなぐためにも、こういう終わり方の方が良かったのかも知れません。本当に、これを来年に生かして欲しいと思います。そうでなかったら、ただ惨めな思いをしただけになってしまう。

投稿: wrightsville | 2005.12.04 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/7452889

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第34節千葉対名古屋:

» 2005年Jリーグディビジョン1第34節 千葉vs名古屋 [Grampus8]
ガンバが逆転優勝。ドローで優勝を逃したセレッソは、5位でフィニッシュ。グランパスは終了間際の1分以内に2失点、玉砕にて14位に不時着。階層社会、格差社会の厳しさですか・・・・... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 01:19

» リーグ最終戦@フクアリ [タイトル未定2]
やってきました。「フクダ電子アリーナ」通称・フクアリ!噂には聞いていましたが、スタジアムに隣接している工場。かなり異様ないでたちです。収容人数2万人ということで外観はこじんまりとした感じですが、中に... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 06:08

» Jリーグ:ジェフ千葉対名古屋グランパスエイト@フクダ電子アリーナ [Woogie's Footie Seven Days]
遂にJリーグも最終節。本日の相手は、優勝の可能性が残る千葉。ちなみに僕にとっての初めてのフクアリ体験です。ちまたの評価はすこぶる高いので、ちょっと楽しみにしながら千葉まで行ってきました。 で、まずフクアリの感想。 まじ、いいですよ、このスタジアムは、、、。豊田にもぜんぜん負けてない。ってか、身の丈サイズということではこっちの方が上かな。これでもう少し東京に近ければ文句無いのだけ... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 11:56

» 12月3日千葉対名古屋 [グランパス親子観戦記]
11時前に蘇我へ到着したので、 駅北側のコインパーク(1千円/日)へ車を停めて、 郷土愛からか途中にあった「ステーキのあさくま」で急遽ランチを食べて、 行ってきました福田電子アリーナ!! 福田電子アリーナは、噂通り、綺麗で見やすい良いスタジアムでした。 試合はというと、後半残り10分位で、 豊田がGK櫛野と競り合ったこぼれ球を、鴨川が押し込んで先制!! ゴール裏は大いに盛り上がったものの、 終了間際に不可解なPKで失点。 更にゲーム再開時、時間稼ぎを狙っていきなり相..... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 20:34

« J1リーグ第32節大宮対G大阪 | トップページ | JFL後期第15節佐川東京対横河 »