« J1リーグ第33節大分対大宮 | トップページ | 感想「宇宙舟歌」 »

J1リーグ第34節大宮対横浜

2005.12.3(土) 14時 埼玉スタジアム2002 晴
観客 10558人 主審 奥谷彰男 副審 廣嶋禎数、相樂亨
 
 大宮アルディージャ 1(1-0)1 横浜F・マリノス
            (0−1) 

 得点 33分 大宮・トゥット(PK)
    72分 横浜・上野

 大宮 荒谷(GK)、西村、平岡、奥野、冨田、
    トニーニョ、トゥット、藤本、久永、
    桜井(80分金澤)、森田
 横浜 榎本哲(GK)、中西、中澤、河合、ドゥトラ、
    上野、田中隼、熊林(55分大島)、マグロン、
    坂田(85分那須)、グラウ
 
 退場 61分 横浜・河合(一発)
    66分 大宮・トゥット(警告2回)

 警告 大宮 森田、冨田
    横浜 熊林、ドゥトラ、那須

テレビ埼玉の生中継を録画しといたのを、やっと見た。

前半は大宮が、ここ数試合の好調さから見て特に意外でもなかったが、完璧に近い試合運びを見せた。右SBに冨田が復帰することで、バックラインが安定していた。マーカスの出場停止に伴い、トニーニョをボランチに上げたことで、右CBには平岡靖成が入り、ここがちょっと弱いかも知れないと思ったが、この日の靖成は素晴らしい出来で、ほとんど不安を感じさせなかったし、西村も大きなミスはなかったと思う。
中盤が、トニーニョの1ボランチのような、久永がトップ下のようなボランチのような、みたいな、少し変則的な構えに見えたし、そこでうまく廻るかどうかが、一つポイントだったんだろうが、ここもうまく機能した。攻守の切替えが早く、守っては横浜の流れを断って形を作らせず、攻勢と見ると中盤が一気に押し上げて、トップと連携して次々好機を作った。一方的に押しているわけじゃないが、安定した戦いぶりで、見ていて感心しちまったよ。
得点は、横浜のパスミスをカットし、トゥットが縦に出したボールに、久永が絶妙なタイミングで飛び込んで、横浜DFのファールを誘ってPKを得たもの。これをトゥットが決めた。

後半立ち上がり、横浜が前掛かりで来て、大宮はやや守勢に廻ったが、ここでも落着きを失うことはなく、無失点で切り抜けると、また前半と同じような展開になりかけた。60分頃には、森田の決定的なシュートがポストにはじかれる、非常に惜しい場面もあった。これだけの試合をしてて勝てないなんてね、と思ったんだが、実はこのシュートが境目だったんだな。
森田のシュートの直後、横浜の河合が副審に対して何か変なことをしたらしく(詳細は分らないんだけど)、一発退場になってしまう。そうすると、数的優位なはずの大宮がばたつきはじめる。バランスでサッカーやってるチームだから、相手チームのバランスが突然崩れた時も、対応に手間取ってしまう。しかも、その直後に、トゥットが立続けに警告を貰って退場。数的優位はあっという間に終了。トゥットの警告はどちらも、そこまでの流れだったら警告が出てるかなあ、みたいな風にも見えたけどね。河合が退場になった分、主審(奥谷さん)が、微妙にバランスを取るような気分になっていたのかもな。
数的にイーブンになってしまえば、混乱状態の大宮よりは横浜が優位で、そういう流れから、上野に同点ゴールを決められた。その後、大宮は徐々には持ち直し、終盤に掛けて、ある程度安定感は戻って来たのだけど、魔の時間帯だったな、という感じ。引き分けという結果自体は、決してそう悪いものじゃないけど、ちょっとつまらない…、という後味にはなってしまった。

前半のような試合を、アクシデントがあっても継続出来るようなら、素晴らしいんだけれど。大宮は、勝つことだけが全てじゃない、そういう美学を追求するチームであって欲しいような気がする。自分が一番に応援するチームでないから言えるたわごとかもしらんけど、J2に居る時、大宮自身、そういうチームスタイルの追求を掲げていたはず。当時は理想と現実の乖離が甚だしくて、鼻白みながら見ていた部分もあったが、もしかすると、ついにチームが理想に追い付き始めたのかも知れない。それはそれで、愉しみなことではある。

テレビ埼玉の解説は、前GM(今はアドバイザーとかいう肩書きらしい)の清雲さんで、コメントがいちいち査定めいていて、おかしかった(^^; トゥットは戦力外になったわけだが、やはりこの試合の退場が、最後の決め手になったのか?、とかね。

|

« J1リーグ第33節大分対大宮 | トップページ | 感想「宇宙舟歌」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/7518139

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第34節大宮対横浜:

» J1・大宮アルディージャ-横浜F・マリノス [劇団天野屋 Part3]
2005年12月3日 14時 埼玉スタジアム2002 観衆10,558人 大宮ア [続きを読む]

受信: 2005.12.08 00:48

« J1リーグ第33節大分対大宮 | トップページ | 感想「宇宙舟歌」 »