« 感想「宇宙舟歌」 | トップページ | Jリーグバトン »

天皇杯5回戦名古屋対大宮

2005.12.10(土) 13時 日本平 晴
観客 1513人 主審 砂川恵一 副審 上荒敬司、間島宗一

 名古屋グランパスエイト 1(0-0)2 大宮アルディージャ 
              (0-0)
              (1-1)
              (0-1)

 得点 103分 大宮・藤本
    104分 名古屋・中村(CK直接)
    111分 大宮・トニーニョ

 名古屋 川島(GK)、大森、秋田、井川、
     吉村、安英学、角田(73分杉本)、藤田、
     本田、中村、鴨川(105分津田)
 大宮 安藤智(GK)、西村(105分片岡)、奥野、冨田、
    三上(90分横山)、トニーニョ、
    ディビッドソン(66分斉藤)、久永、藤本、
    桜井、森田

 警告 名古屋 角田、井川、吉村
    大宮 西村、藤本

見に行った。名古屋の試合を6試合連続生観戦てのは、自分としては過去最多。
shimizul shimizuc shimizur
今まで入ったことがなかった日本平のメインスタンドで見てた。写真の上下がずれてるのは御愛嬌ってことで。後でやる気になったら、もうちょい鮮明で、高さも揃えた写真に入れ替えるけど。

先月の埼玉スタジアムでの同じ対戦は、双方低調で酷い内容の試合だったが、今回も大したもんではなかった。この日開催された天皇杯5回戦7試合で最低の観客動員だったけど、それもやむなしという感じ。名古屋の選手に気迫があっただけ、まだあの時よりマシだったと思うが。
もっとも名古屋は相変わらず攻撃時の連携はないに等しく、可能性の感じられない放り込みで大宮にみすみすボールを渡しては、カウンターを食らう繰返し。川島が神と化してファインセーブ連発してなかったら、惨敗してたかも。
ただし大宮も、ここんとこのリーグ戦での好調ぶりはあまり感じられなかった。中盤のボール廻しで、変なボールの失い方をしてピンチを招いたり、決定機を作ってもゴール前でミスを連発していた。大宮がいっこうに得点出来なかったのは、川島の好守以外に、森田・桜井の両FWが外し倒してたことも大きい。まあ、技術的には明らかに上の名古屋の選手に気迫が伴っていれば、局地戦で大宮が、そうそう優位を維持出来ないのも当り前なんだけど。その辺は、埼玉スタジアムでの試合とは違ってた。

前半は大宮ペースで進んだが、後半は名古屋が次第に盛り返した。パスワークでの組立てやサイドをえぐる形がいくらか見られるようになり、ちったあ積極性が出て来て、頭も働かすようになったかなという感じだった。後半半ばに杉本が投入され、その勢いもあって、名古屋の勝機が見えて来たようにも思えたんだけど、得点は入らず。杉本のミドルがポストを叩いたのが、一番惜しい場面だったかなあ。結局、スコアレスで延長に突入。
延長は後半の流れを引き継いでいたと思うが、前半の10分過ぎ、桜井がドリブルで持ち上がり、いつものパターンで、突っ込んで来るけどシュートは大外しかと思ったが(この日も何度もやってたし)、DFが外に追い出したのが、ある意味、裏目に出たかもで、桜井はシュートに行かずに、サイドからゴール前へのパス出しを選択。ゴール前へ突っ込んで来た主税が、それを押し込んだ。しかし1分後、名古屋は左CKから直志が直接決めて同点にして、いったんは粘った。
けれども結局、延長後半5分過ぎ、大宮の右CKからのボールを名古屋は逆サイドへクリアしたが、それを片岡(?)が拾ってゴール前へ戻し、トニーニョに競り勝たれてゴールを決められ、これが決勝点になっちまった。

後半以降、押し気味だったのは名古屋だったと思うけれど、試合全体としてゴールの可能性を感じさせるプレーが出来てたのは大宮の方だったから、大宮の優勢勝ちでもやむなしかとは思わないでもなかった。失望はしたけど、今の名古屋の状況を考えたら、こんなもんだろうし、こんなチーム状態のまま、ずるずるシーズンを引き延ばさずに済んで、むしろ良かったのかも知れない。これで直ちにチームの建て直しに進めるというんなら、だけどね。
もっとも大宮も、この出来では準々決勝は厳しいと思う。相手は鹿島で、今年のリーグ戦で、表裏とも完膚なきまでに叩きのめされた唯一の相手だし。リーグ戦終盤で好調だった時のイメージを、どこまで取り戻せるかがカギだろうな。

|

« 感想「宇宙舟歌」 | トップページ | Jリーグバトン »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

藤本はグッドプレイヤーですね。あんな選手がグランパスにいたら・・・・って!!??いまさらなんですけど。

投稿: ぐらぱち | 2005.12.12 01:45

主税は良いプレーヤーだけど、俺様でやれるチームじゃないと駄目だろうなと、今年一年大宮で見ていて思いました。総じてレベルはあんまり高くなく、人柄は控え目な選手が多い大宮ではうまく行ってましたが、それなりに巧い選手が多い名古屋で駄目だったのは無理もないなという感じでした。
もっとも、名古屋では、どんな選手も駄目になっちまうんですが…。

投稿: wrightsville | 2005.12.12 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/7573132

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯5回戦名古屋対大宮:

» 第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦 名古屋vs大宮 [Grampus8]
お荷物の定義とは。Jリーグのステイタスの向上に、重荷であり、足枷となるもの。弱くて、選手の能力を引き出せていないクラブは、当然、お荷物と取り扱われる訳です。グランパスの今...... [続きを読む]

受信: 2005.12.12 01:43

« 感想「宇宙舟歌」 | トップページ | Jリーグバトン »