« 感想「悪役レスラーは笑う」 | トップページ | 感想「笑う男」 »

マイクロソフト杯1回戦 クボタ対三洋、東芝対神鋼

秩父宮へマイクロソフトカップ1回戦を見に行った。
さすがにこの寒いのに、2試合通して見る気にはならず、第1試合の前半終了間際に着くくらいのタイミングで行ったが、どうも、今日一番面白かったのは、第1試合の前半だったような気が…(^^;
もっとも、スタンドには雪が積もってて寒かったし、4時間居るのはやっぱり辛かったと思うけど。屋根があって、廻りに雪が積もってない所で見てはいたが、それはそれで、陽は当たらないし、ピッチから冷風は吹き上げて来たし(^^;

第1試合
 三洋電機ワイルドナイツ 24−40 クボタスピアーズ

  sankubo

なんせリーグをまるで見ていないので、双方の力関係を全然知らない。リーグ8位と2位の対戦だから、三洋の圧勝なんかなあくらいの気持ちを持ってたんだけど、着いたら21-17でクボタがリードしていた。クボタ、頑張ってるがなと思った矢先、見ている前でさらに1トライ。前半28-17で折返し。
後半、三洋が押し込む場面がやや目立ち、やはり地力は三洋が上なのかと思ったが、攻め方が単調で、クボタのディフェンスに粘り強くしのがれ、攻めあぐんだ上にボールを奪われて、逆襲を食らう場面も度々あって、主導権を握れない。攻撃のアイディアの豊富さと貪欲さで上回ったクボタが、40-24で勝ち切った。

第2試合
 東芝府中ブレイブルーパス 38−7 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

  toskobe

東芝がやたらと強いと聞いてたが、出だしは双方、ノックオンなどミスで決定機を潰してて、とろくさい感じだった。案外拮抗した試合かもね、と思い始めたが、次第に東芝にエンジンがかかり始め、18分に中央付近の密集から、綺麗につないで先制トライ。前半さらにもう1トライで、東芝が12-0と先行。さらに後半、東芝が序盤に立て続けに3トライを決めて、あっさり試合を決めちゃった。
神戸製鋼は意地で押し込んで1トライ返すのが精一杯。ラスト 10分なんか、東芝の立川がシンビンで退場していて、数的優位にあったのに、結局何も出来なかった(まあ、その時間、東芝も追加点は挙げられなかったが)。
東芝も、ノックオンとか、結構ミスも多かったんだが、それでも圧勝だった。パスの速さ、連携の確実さが段違いで、普通にやって普通に勝っちゃった感じ。強過ぎ。

4チームで一番面白かったのはクボタだったんだけど、スキルではやっぱり一番劣ってそうだったなあ。準決勝はサントリーが相手で、サントリーがどの程度のチームかも知らないが、どうだろうか。
東芝は、スキは結構ありそうに見えるが、そのスキを突いても勝ち切るのも、なかなか難しそうな感じ。順当なら、決勝は東芝対サントリーなのかなあ。

|

« 感想「悪役レスラーは笑う」 | トップページ | 感想「笑う男」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/8284347

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト杯1回戦 クボタ対三洋、東芝対神鋼:

« 感想「悪役レスラーは笑う」 | トップページ | 感想「笑う男」 »