« 感想「さまよう薔薇のように」 | トップページ | 全国高校選手権決勝鹿実対野洲 »

大学ラグビー選手権決勝早稲田対関東学院

2006.1.8 国立
 早稲田大学 41 (20−0) 5 関東学院大学
          (21−5)

今年初めての試合の生観戦。大学同士のラグビーの試合を見るのは、かなり久しぶり。
というか、ラグビーを生で見ること自体、10ヶ月ぶりくらいだから、ルールとか思い出すのに、時間が必要で(^^;。最初の方は、レフェリーのしぐさとか、どうしてもサッカー見る時の癖が染み付いちゃってて、見当違いのことを考えてしまったりしていた。

序盤は、早稲田が一方的に押し込んでる割には、なかなか得点が動かなかったけど、15分にゴール正面から五郎丸がPGを決めると、一気に動き始めた。まあ、関東学院も、踏ん張ってはいたと思うけど、ぽつりぽつりとゴールを割られ、前半で20-0。
後半も早稲田がまずトライを決めたから、雪崩になるかもと思ったが、10分にこぼれ球が偶然、関東WTB・北川智規の足下に転がり、晴天の霹靂のようなトライが生まれて、関東がとりあえず5点は返した。その後、早稲田が、絶好機にスローフォワードを連発したり、ミスが続いて、少しくらいなら関東が付け込む隙もあるかなという気配になったが、20分くらいから、また早稲田が一方的に押し込むようになり、30分にとうとう五郎丸のトライが生まれてだめ押し。これで試合は実質終了。

強い強いと聞いてたけど、ほんとに強いや>早稲田。ごり押しで強いだけじゃなくて、展開も華やかだし、見てて面白かった。ここまで強いと、大学相手の試合ばかりじゃ、物足りないんじゃないかという気もするけど、日本選手権で社会人とやったらどうなんだろうなあ。
五郎丸が、角度が全然ないようなやつも含めて、6本蹴って全部成功させてたのは凄かった。あと、早稲田SHの矢富の自在な球捌きが印象に残っている。単に遠目に目立つ頭をしていたせいだけじゃないだろう(^^; 曽我部のDGもあったし、いろんなものを見せてくれたなあ>早稲田。最後のPGが決まってれば、もっと完璧だったんだろうけど(^^;

|

« 感想「さまよう薔薇のように」 | トップページ | 全国高校選手権決勝鹿実対野洲 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/8066514

この記事へのトラックバック一覧です: 大学ラグビー選手権決勝早稲田対関東学院:

» ラグビー大学選手権決勝 [劇団天野屋 Part3]
ラグビー大学選手権・決勝戦 2005年1月8日 14時10分 国立競技場 早稲田 [続きを読む]

受信: 2006.01.08 23:52

« 感想「さまよう薔薇のように」 | トップページ | 全国高校選手権決勝鹿実対野洲 »