« 大学ラグビー選手権決勝早稲田対関東学院 | トップページ | 東京ヤクルトスワローズ雑感 »

全国高校選手権決勝鹿実対野洲

2006.1.9(月) 14時 国立 晴

 鹿児島実業 1(0−1)2 野洲
        (1−0)
        (0−0)
        (0−1)

例年通り、高校サッカーは、準決勝までほとんど見てもいないんだけど、野洲の評判がやたらといいもんで、見に行く気になった。2日続けて国立行くのも気がきかねえなと思ったけど、秩父宮のトップリーグ最終節も、大勢が決した後で、いまひとつ面白みがないような気がしたので。結局、今年もトップリーグは行かずじまい。3年間でまだ一度も行ってない。

でもって、野洲は面白かった(^^; テクニック優先なチーム、みたいに聞いてたから、線が細かったりするのかなと思ったけど、そんな感じがしたのは最初だけで、ひっきりなしに小技・大技を繰り出して、鹿実を混乱に陥らせちゃった感じ。しかも、テクニックだけじゃなくて、よく走るし。トリッキーなパスが失敗してピンチを招いても、運動量でカバーしちまう。そしてFKから押し込んで先制。
後半、鹿実が攻勢。野洲は押し込まれつつ、カウンターで決定機を何度か作ったが、決めきれない。そうするとやっぱりな展開で、鹿実が残り15分てとこで、とうとう押し込んで同点。やっぱ、運動量が多いサッカーしてたし、疲れて足が止まっちまってたからなあ、このまま鹿実が底力でひっくり返すのかなと思ったが、そこで野洲が元気を取り戻して、また走り始めたのは大したもんだった。さすがに疲れは隠せず、足元のボール捌きにミスは目立ったが、それは鹿実も一緒で、双方決めきれないまま延長。
延長は一進一退。延長後半、鹿実が押し込んでる中で、DFの西岡が決定的な場面でシュートを打ったがGKに阻まれる。これで西岡の足が吊って、ピッチ外へ運び出されたのが運命の分かれ目。その次に野洲がカウンター一気で攻め上がった時、代わりはまだ投入されていなかった、野洲が数的優位で鹿実ディフェンスを崩し切り、滝川が決勝ゴールを決めちゃった。

野洲は、決して力がないチームではなかったけど、ディフェンスは危なっかしいし、トリッキーな攻撃も嵌まれば格好いいけど、失敗した時は簡単にピンチを招いてたし、結構不安定な戦いぶりで、よくまあここまで勝ち上がったもんだと思った。でも、見てて面白かったし、多分、やってても面白いんだろうな。いいチームが優勝したと思う。いや、鹿実が負けて良かったと思ってるわけじゃないんだけど。というか、むしろ気の毒だった。正攻法で押し込める相手じゃなかったし、2失点とも、やや運のなさを感じさせるものでもあった。悪い巡り合わせだったんだろうな。

|

« 大学ラグビー選手権決勝早稲田対関東学院 | トップページ | 東京ヤクルトスワローズ雑感 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/8082425

この記事へのトラックバック一覧です: 全国高校選手権決勝鹿実対野洲:

» 高校サッカー決勝・鹿児島実業-野洲 [劇団天野屋 Part3]
第84回全国高校サッカー選手権大会・決勝 2006年1月9日 14:05 国立競 [続きを読む]

受信: 2006.01.09 22:14

» ☆野洲高校優勝おめでとう!全国高校サッカー選手権大会決勝☆ [【しろうとサッカー研究所】]
第84回全国高校サッカー選手権大会決勝が、国立競技場で開催され連覇を狙った鹿児島実(鹿児島)と野洲(滋賀)が激突し、延長戦にもつれたが・・・野洲が2−1で初の全国制覇を達成しました! 今年の高校サッカーを今日初めて見る事が出来ました!しかも凄い面白い試合....... [続きを読む]

受信: 2006.01.11 23:34

« 大学ラグビー選手権決勝早稲田対関東学院 | トップページ | 東京ヤクルトスワローズ雑感 »