« J2リーグ第1節 東京V対徳島 | トップページ | J1リーグ第1節大宮対千葉 »

J1リーグ第1節名古屋対C大阪

2006.3.5(日) 14時 瑞穂陸上競技場 晴
観客 17199人 主審 片山義継 副審 下村、前島

 名古屋グランパスエイト 3(1-0)2 セレッソ大阪 
              (2-2)

 得点 27分 名古屋・古賀
    47分 大阪・前田
    70分 名古屋・杉本
    76分 名古屋・豊田
    87分 大阪・西澤

  060305mizuho

開幕戦なんで、瑞穂へ。
しかしスコアボードは改修中でまともな表示もないし、ゴール裏のマスゲームは意味不明(^^;だし、登録選手のメンツも、去年とがらっと変ってるだけならともかく、よく分からん新人も何人も入ってたりするし、なんだか不安ばかり感じる幕開けだったが、試合は意外にも悪くなかった。

去年のレギュラーから半分以上が入れ替わったスタメン(故障等、戦術以外の理由も、多々あるんだろうが)は、顔触れだけじゃなく、プレーにも新鮮味があった。ちゃんと走る、簡単に気を抜かない、最後まで追い掛ける。当たり前のことのようだけど、それが当たり前じゃないのが、グランパスってチームだから。その代り、藤田も本田も居ないし、華やかさにはイマイチ欠けてた。派手さはないが手堅いなんて、あんまりこのチームらしくなかったけど、去年、どん底近くまで落ち込んだチームなんだから、まずは土台固めが先決だよな。華やかさなんかを考えるのは、後回しでいいさ。

もっとも、それほど手堅かったわけでもないが(^^; ピッチを横いっぱいに使って、両サイドから展開して来るセレッソの攻撃への両SBの対応はかなり不安が…。特に左の有村が心配だったが、対面のピンゴがいまいちだったんで、そっちはまあまあ。むしろ右の大森が、ゼ・カルロスに対してかなり後手に廻ってた。ゴール前にヤバそうなボールを随分入れられてたが、セレッソは前線のコンビネーションがあんまり良くなくて助かってた。まあ、前線との連携の悪さはグランパスも同様で、杉本・玉田はよく走ってたけど、決定機が作れなかった。双方、前線が手詰まりの中で、まず古賀がCKからの流れでぶち込んで先制し、セレッソも後半頭に、前田がCKから叩き込んでおあいこ。

しかし、後半も半ばを過ぎた所で、ついに玉田と杉本の連携で噛み合って、杉本がゴールをねじ込む。杉本はこれで足が吊っちまって、豊田に代わると、今度は豊田がフェイントかましてDFを抜いて、きっちり蹴り込む素晴らしいゴールを決める。他にも決定機が2-3回あったが、それは逸機して、2点差で終盤へ。そうなると、どうしても去年の開幕戦を思い出すから気が気じゃなかったし、87分に西澤に押し込まれたりするから、いよいよ嫌な気分になっていたが、なんとか振り切った。去年と違って、そういう状態になっても、選手があんまり気分的に追い込まれてなかったぽくて、それが良かったんじゃないかな。

新加入選手が多いから、そもそも去年までのチームとメンタリティは違って当たり前ではあるけど、やはり監督の力もあるんだろう。1試合見たくらいじゃ何とも言えないし、期待を掛けるのは、もう少し見てからだ。でも、勝って帰れて、ここ数年で一番、いい気分になった開幕戦だったのは確かなんで。この気分が少しでも長続きしてくれることを願いたい。頼むから。

グランパスくん一家が勢揃いの上に、モリゾー・キッコロまで加わった、豪華なハーフタイムショーも良かった(^^;
  060305morizo

|

« J2リーグ第1節 東京V対徳島 | トップページ | J1リーグ第1節大宮対千葉 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくお願いします。
 某サッカーフォーラムでお世話になってから、早10年。管理人さんのレビューを読むのも11シーズン目を迎えます。
 今年は辛抱の年だとシーズン前から覚悟していますが、開幕戦はとりあえず、ファンやサポーターをがっかりさせない頑張りと結果だったと評価してます。
 他チームのサポからにも大人気のグランパスくんファミリーですが、それにモリコロを加えた6人が揃うのは、他チームから見れば反則ですよねぇ。
 まずは良かった良かった。

投稿: pixy_japan | 2006.03.07 02:17

10年ですか。そういう古い時期の自分の文章を読むと、たいがい、分かってねえなあ、こいつ、とか思うんで、読まれてたと聞くと、かなり恥ずかしいものがあるんですが(じゃあ、今は分かってるのか?という話もあるが)、長い間、付合っていただいているのは、有り難くもあります。まあ、今シーズンもまたよろしくお願いします。
開幕戦は、ほんとに、ほとんど期待してなかった割には、思いのほか良かったので、せめて今年一年、このレベルを維持して行って欲しいです。切実です(^^;

投稿: wrightsville | 2006.03.07 23:41

セレッソは開幕戦に弱いそうですが、見限り両サイド、西沢、古橋と強さは去年を維持していたように思います。その分、この勝利は大きかったと感じています。

やっぱり玉田でしょう。玉田!速い、速い。

投稿: ぐらぱち | 2006.03.09 00:49

>ぐらぱちさん
今季もよろしくお願いします。
セレッソには去年、力の差以上に、いいようにやられちゃいましたからね。そういう去年の流れを切る意味でも、いい勝ちだったかなと。前田に決められた時には、今年もかよと思いましたが、古橋とゼ・カルロスが、紙一重という感じだったにせよ、不発だったのは助かりました。
玉田は、安定してプレー出来るのを見るまでは、まだ保留かな(^^;

投稿: wrightsville | 2006.03.10 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/8978921

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第1節名古屋対C大阪:

» 2006J1 第1節 名古屋グランパス×セレッソ大阪 (瑞穂) 3-2 若手が躍進! [気ままなNotes...]
 サッカーJ1第1節、名古屋グランパスエイト×セレッソ大阪の試合が名古屋市瑞穂陸上競技場で行われた。2006年の開幕戦だし、いろいろイベントもあるし(モリゾーとキッコロも出るし)、今のチーム状態をしっかり見届けよう!ってことで行ってきた。それと、自分にとっては、ちょうど1年前の開幕戦、ジェフ千葉戦の感想を書いたのが、このブログを始めるキッカケだったから、その悔しさのリベンジってのもあったんだよね。試合... [続きを読む]

受信: 2006.03.07 02:11

» Jリーグ:名古屋対C大阪@瑞穂(TV観戦) [Woogie's Footie Seven Days]
ライブでは見てませんが、ビデオに録画して観戦。 とりあえずは勝ってよかったよかった。 怪我人だらけで、ここまでできるとは正直思ってませんでした。 深津や片山とかもいいプレーをしてましたし。 今後に期待が持てる内容の試合でしたね。 といっても、いつもいい試合の後にはとんでもない試合をしてくれる病気を持ったチームですから、あまり期待を持ちすぎないように、、、 なんて考えている自分が悲しいっす。 ... [続きを読む]

受信: 2006.03.07 08:11

» 2006年Jリーグディビジョン1第1節 名古屋vsC大阪 []
ようやくJリーグ開幕です。名古屋 3-2 C大阪得点:古賀(名)27min/前半;前田(C)2min,杉本(名)25min,豊田(名)31min,西沢(C)42min/後半警告:金(名)退場:無し観客:17,199人会場:瑞穂陸上競... [続きを読む]

受信: 2006.03.09 00:47

» 2006シーズン開幕! [Takashi's Blog]
セントレアを出て、自宅経由で瑞穂陸上競技場へ。さすがに開幕戦ということもあり混ん [続きを読む]

受信: 2006.03.13 22:36

« J2リーグ第1節 東京V対徳島 | トップページ | J1リーグ第1節大宮対千葉 »