« 日本平・おまけ | トップページ | オープン戦ヤクルト対オリックス »

J1リーグ第2節福岡対大宮

2006.3.11(土) 19時 博多の森球技場 曇
観客 12040人 主審 松村和彦 副審 金子、武田

  アビスパ福岡 1(1-0)1 大宮アルディージャ
          (0-1)

 得点 9分 福岡・アレックス
    71分 大宮・土屋

NHK-BSの生中継の録画を見た。録画だったが、結果をほとんど知らない状態で見ることが出来たので、新鮮な気分では見れた。

今節も大宮は新たな布陣で、4バックが右から波戸、奥野、冨田、土屋。トニーニョと斉藤の2ボランチ。久永が右サイド、小林慶が左サイド、小林大はトップ下で、マルチネスの1トップだったみたい。何が最適解なのか、三浦も迷っているな、という感じ。

前半は、福岡のスピードと正確なパス廻しと厳しいプレスに、大宮は翻弄されっ放し。大宮は、まったりとボールを廻しながらペースを掴むチームなので、元々素早く突っかけて来るチームはそんなに得意にしてないから、これは布陣云々以前の問題だなとも思ったが、ボランチに入ったトニーニョに安定感が感じられなかったので、その辺は影響があったかも知れない。
序盤に、セットプレーで上がり気味になっていた所で福岡のカウンターを食らい、ディフェンスがばたつく中をアレックスに決められ、そのまま前半は、ほとんどいい所なく終了。

後半、トニーニョをCBに下げ、ボランチにマーカスを投入。センターラインは去年と同じになってしまい、結局これが一番落ち着くということか、という感じ。後半の福岡が明らかにペースダウンしていたこともあり、大宮はいくらかマシな状態になっていたと思うが、相変わらず決定機はほとんど作れない。依然マルチネスに存在感がないことが、その最大の理由と思ったが、それならそれで、2列目以降がゴール前に飛び出して行く形が欲しいし、それをやれてるのが久永だけってのもね。それでも70分過ぎにCKを得ると、小林大のCKを土屋が叩き込んで同点には追いついた。しかしそれ以降も流れは福岡に行ったまま。決定的なシュートを何本も浴び、福岡の詰めの甘さでなんとか持ちこたえるのが精一杯。さすがに、最後の方は、双方勝ちを意識して(特に福岡は、ここまで優勢な試合なら、勝ちたかっただろうからな)ノーガード殴り合い的な展開になったから、大宮にも2回くらい決定的な場面が生まれ、森田のヘッドや、桜井のパスカットからの独走、シュートがあったんだけど、福岡GKの水谷に凌がれた。逆の場面は荒谷が凌いだけどね。荒谷は、今年も安定している印象。結局ドロー。

大宮的には拾った勝ち点1じゃないかな。内容的には完全に負け試合だったと思うので。ただ、福岡のあの詰めの甘さも、J2時代から変ってない感じがするから、三浦のコメントにあったらしい「引き分けは妥当な結果」というのも、あながち強がりではないかも知れない。
大宮の得点はまたもセットプレーで、2試合で5点取っているが、普通に流れの中から取った得点が、まだ1点もない。まあ、押し込んで奪ったCKからのゴールが3点あるから、必ずしも全然攻撃の形が出来てない、とは思わないけれど、もう少しなんとかならんかな、というのはある。前節、気になるなあ、と思った所は、今節も気になるままだったという印象。模索はまだしばらく続きそう。

福岡は、J2で築き上げたスタイルをそのまま持ち込んで来ていた感じ。今のスタイルに切り替えてからの福岡は割と好きなチームで、川島や宮崎は結構ひいきの選手(元々はそこに増川も居たわけで)なんで、彼らがピッチで走り回ってるのを見るのは愉しかった。運動量の多いスタイルを、格上相手にどこまで貫けるかなと思うけど、頑張って欲しいなとは思う。第4節は頑張らんでいいが…(お約束(^^;)。

|

« 日本平・おまけ | トップページ | オープン戦ヤクルト対オリックス »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9059469

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第2節福岡対大宮:

» アルディージャ第2節・あー桜井… [スポーツ遊楽創(ブログ版)]
 きょうは、大宮の第2戦。アウェイのアビスパ福岡戦だ。残念ながらテレビ観戦である。出だしは、またも相手ペース。トニーニョのボランチは今一だった。FWのマルチネスには、全くボールが入らない。これは心配だ... [続きを読む]

受信: 2006.03.18 21:10

« 日本平・おまけ | トップページ | オープン戦ヤクルト対オリックス »