« J1リーグ第1節大宮対千葉 | トップページ | 日本平・おまけ »

J1リーグ第2節清水対名古屋

2006.3.11(土) 15時 日本平スタジアム 曇
観客 13054人 主審 穴沢努 副審 江角、原田秀

 清水エスパルス 2(2-0)0 名古屋グランパスエイト  
          (0-0)

 得点 6分 清水・藤本
    32分 清水・チョ・ジェジン

見に行ってた。

開幕戦は多分に、セレッソの出来の悪さとツキの無さに助けられたというのを、改めて感じた試合。ある意味、開幕戦のスタメンを見て、このバックラインじゃこうなりそう、と思ってた通りの、守備の崩壊ぶりだった。清水の新10番・藤本のセンスのいい動きを右サイドで全くケア出来ず、チョ・ジェジンとのワンツーから、ミドルシュートを打たれるに任せちゃった1点目、有村がマルキーニョスに競られて、簡単にボールを奪われ、チョ・ジェジンのゴールに繋げられちゃった2点目。それ以外にもヤバイ場面は山ほど。前節に引き続いての川島の奮闘で、火ダルマになるのは辛うじて避けられたが。崩壊が一週遅れで助かったけど、バックラインは、早急に手を打つ必要があると思う。守備だけでなく、攻撃のビルドアップもあまりにも消極的。全然球が前に出て行かないんだもの。それも、守備が不安なことと、表裏なのかも知れないが。球が前に出て行きさえすれば、それなりに攻撃の形は作れてたと思うが、頻度が少な過ぎたと思う。

攻撃に関しては、後半、順次選手が入れ替わるにつれて、良くなって行った気がする。片山に代えて本田が入った時は、片山はそこまで、左サイドを個人技で抜いて崩していく場面が何度かあったし、本田のスピード感の無さを考えたら、かえって悪くなるんじゃと思ったが、本田の動きは思いの外良くて、ボール捌きのセンスも健在。本田を軸にして面白い攻撃の形が、作れるようになっていった。存在感がまるでなかった直志を下げて、サイドに杉本を張らせて、トップに豊田を置いた時も、前線にポイントが出来たし、杉本のスピードも生きる形だなと思ったし、阿部は明らかに有村より良かった。
ああいうスタメンになってるのは、それなりに理由もあってのことだろうし、まだチーム作りの途上だろうから、まあいいんだけど、後半のメンツの方が可能性のあるチームになりそうだな、という気はした。そういう可能性が見えるだけでも、今は充分だと思うんで、ここで一つ負けたくらいで、どうこう言おうとは思わないよ。

全体的にツキもなかった感じ。清水も付け入る隙がないほど良い出来だったわけじゃなく、中盤から前では、名古屋がそれなりに優位に立てる場面も多かったのだけど、攻撃でいい形になった時、肝心な所でうまい具合にボールが転がらず、決定機を逃してしまうことが多かった気がする。特に玉田にそれが顕著で、どうにもボールが足に付いて来ず、うまくボールを捌けていなかった。彼はハズレの日だったのかな。そういう時はスッパリ割り切って、とっとと代えてしまうってのはどうなんかね。まあ、そういう見極めは難しいのだろうけれど。
それにしても、直志に精彩がない。どうしちゃったんだろう。

前節勝ったことで、かなりお気楽な気分になりかけてたけど、現実を突きつけられたってところ。まあ、根拠もなく、いつまでも楽天的でいるよりは良かったんだろうなあ。

|

« J1リーグ第1節大宮対千葉 | トップページ | 日本平・おまけ »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

TBしました。根拠も無く楽天的で~す(笑)。
現実的には、すぐにチームが変わるハズないと分かっていても、「開幕戦」を見る限りは勘違いしちゃいます。
その開幕で辛勝させていただいたC大阪がG大阪相手に1-6で完膚なきヤラれたので、余計に今のグラの「地力」を思い知らされた次第です。

投稿: ぐらKIDS | 2006.03.12 21:45

まあ、いくら気を揉んだところで、所詮、チームを作るのはフロントと監督だし、試合をするのは選手だし、という気もするんですけどね。去年の終り頃を考えれば、まだまだ全然追いつめられた気分にはなってないですし、実際は、まだ私も多分に楽天的ですが。
にしても、セレッソの大敗はショックでした。開幕戦勝利の値打ちが、かなり下がっちまったかなあ、みたいな感じです(^^;

投稿: wrightsville | 2006.03.12 23:50

監督の采配については、僕も問題は微塵も感じません。主力が帰ってきてからが、本番だと思ってます。

投稿: ぐらぱち | 2006.03.13 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9058949

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第2節清水対名古屋:

» グラ第2節は代行監督だったの? [イニシャル・NGE]
            ※沢登引退セレモニー。彼の努力と精進に拍手!             ※マスゲームはハート。各セレモニーでも「クラブ愛」を感じさせる 高校受験も峠を過ぎ(本命の公立B日程校で合格圏)、久しぶりにスタジアムに同行した長男が、後半途中に思わず「漏らした」言葉。 Font Size=5 Color=#0000ff今日の采配はナカ〜タ代行がやってんの?/Font まさに後半のグランパス..... [続きを読む]

受信: 2006.03.12 21:40

» 2006年Jリーグディビジョン1第2節 清水vs名古屋 [Grampus8]
完敗。(_ _,)/~~ 清水 2-0 名古屋 得点:藤本(清)6min,チョ(清)32min/前半 警告:チョ(清);有村,金(名) 退場:無し 観客:13,054人 会場:日本平スタジアム ------------------------------------------------ [清水] GK:西部 DF:市川,青山,高木,山西 MF:兵働,伊東,枝村,藤本(..... [続きを読む]

受信: 2006.03.13 00:52

» 2006J1 第2節 清水エスパルス×名古屋グランパス (日本平) 2-0 名古屋は完敗!? [気ままなNotes...]
 サッカーJ1第2節、清水エスパルス×名古屋グランパスエイトの試合が日本平スタジアムで行われた。清水遠征はしないで、J’s GOALのリアルタイム速報&ニッカンスポーツHPの速報だけしか見てないから、いい加減なコメントしかできないんだけど、数字的なものを見る限りは、名古屋が後ろでボールを持たされて満足に攻められず、カウンターでやられてる.....感じなのか?結果だけを見れば0−2の完敗。相変わらず、... [続きを読む]

受信: 2006.03.13 06:42

« J1リーグ第1節大宮対千葉 | トップページ | 日本平・おまけ »