« J1リーグ第4節福岡対名古屋 | トップページ | JFL前期第2節ジェフ対YKK »

J1リーグ第5節大宮対清水

2006.3.25(土) 15時 駒場 晴
観客 7354人 主審 西村雄一 副審 中井恒、岡野尚士 

 大宮アルディージャ 1(0-0)0 清水エスパルス 
            (1-0)

 得点 50分 大宮・小林大

大宮の先発は、前節からまた大幅に変更。バックラインは不動になりつつあるが、今日はボランチがマーカスと片岡で、右サイド久永、左サイドは主税が復活。2トップは大悟と若林。慶行とマルティネスがスタメンから外れた。マルティネスに至っては、控えにも入っていなかったが、まさか、まだクビではないだろうなあ。

試合は、どっちも勝てなさそうな試合運びだった。

大宮は、実質若林の1トップのような感じだったが、清水の強固なCBになかなか競り勝てず、うまくボールキープ出来てなかった。それでも前節までのマルティネスよりは、まだ前線のポイントとして効いてたと思うが、大宮が慎重な試合運びで、全体的に押し上げが遅いもんで、彼のポストプレーと、大悟や中盤の選手がうまく噛み合わない。主税や大悟や久永の個人技での持ち込みもあったが、散発的で、あまり効果的でない。一番可能性を感じさせたのは、土屋のオーバーラップからのセンタリングだったが、これも精度が悪くて若林に届かない。流れからの得点は、あんまり見込みがなさそうだよな、という感じ。
それにくらべれば、清水の方がまだ勢いを感じたけども、大宮のゴール前にはトニーニョがそびえ立っていたし、ボランチに起用された片岡が、ソツなく守備をこなしていた印象もあり、大宮の守備陣がよく踏ん張って、清水に決定機を作らせなかった。ただ、2節に日本平で名古屋戦を見た時は、もうちょっと清水の前線に迫力があったと思うし、マルキーニョスが居ないことが、かなり影響していたのかな、という印象はあった。

後半序盤、ペナルティエリアすぐ外、ゴール正面で大宮が直接FKを得て、大悟がチョン蹴りしたのを主税が返し、大悟が乱れた壁の上を越えるループシュートを放って先制。流れで点が取れなければセットプレーで、というのは、今年の大宮の形ではある。
しかしそれにしても、この場面以外、双方とも決定的なシュートを打ってた覚えがない。後で、ニュースで流れたダイジェストを見て、清水にFKからのやや惜しいシュートがあったのは思い出したけど、少なくとも、流れからは皆無だったんじゃないのかな。

で、大宮がそのまま、うやむやで勝ってしまった。ほんとに、勝ったというより、勝っちゃった、という感じ(^^;.。

ちなみに、レフェリングは、それほど偏ってはいなかったと思うが(トニーニョには、簡単に騙されてたが(^^;)、微妙な所で大宮に有利に働いてた感はあって、清水のゴール裏が試合後、大ブーイングしていた。まあ、気持ちは分からんでもないけど、清水もあの試合運びじゃあ、いずれにしてもドローが精一杯だったんじゃないか、という感じ。まあ、スコアレスドローが妥当だったかな、という気はするけれど、大宮に幸運があったんだろう。
なんにしても、大宮の布陣がこれで固まったとは、とても思えない。模索はまだまだ続きそうだ。

|

« J1リーグ第4節福岡対名古屋 | トップページ | JFL前期第2節ジェフ対YKK »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9257750

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第5節大宮対清水:

« J1リーグ第4節福岡対名古屋 | トップページ | JFL前期第2節ジェフ対YKK »