« J1リーグ第10節浦和対大宮 | トップページ | 花巻温泉郷 »

J1リーグ第10節東京対名古屋

2006.4.29(土) 19時 味の素スタジアム 曇 
観客 22188人 主審 高山啓義 副審 木島栄、中原美智雄 

 FC東京 2(2−0)1 名古屋グランパスエイト   
      (0-1)

 得点 14分 東京・ルーカス
    17分 東京・ルーカス
    88分 名古屋・吉村
 
 東京 土肥(GK)、茂庭、ジャーン、鈴木、徳永、
    今野、ルーカス(74分伊野波)、宮沢(86分三浦)、
    梶山、川口(75分リチェーリ)、赤嶺
 名古屋 楢崎(GK)、大森、古賀、増川、阿部(45分吉村)、
    中村(76分片山)、金正友、山口、本田、
    玉田(84分藤田)

 警告 東京 梶山
    名古屋 なし

見に行ってた。

前半の名古屋は酷い出来。とはいうものの、新潟戦・川崎戦と見て来た印象からすると、別に意外でも何でもなかったけど。川崎戦同様、立上がりに意欲は一応見えたけど、また早々にディフェンスが破綻した。
東京は2トップの下にルーカスという、個人的には見慣れない布陣だったんだけど、最近はずっとそうらしい。でも、チームもそれを把握してなかったんじゃない? 2トップにCBの古賀と増川が付いて、で、ルーカスは?、みたいな状態に陥ってたように見えたよ。そんでもって、14分に左からセンタリング、17分位右からセンタリング。どっちもフリーのルーカスがゴール前で楽勝で合わせてゴール。あっという間に0-2。チームが事前に把握してなくて、監督から指示が出てなかったとしても、選手が自主的に考えて対応しても良さそうなもんだが…。それが出来るチームでは…。ボランチが守備的に強いとは言えない慶とルーカスを知らない金正友だったのも効いたのかな。吉村だったら、何とか出来ていたかも。
ルーカスがフリーという以前に、センタリングを上げて来ようとしてる徳永([5/1訂正]川口だったらしい)へ、全くプレッシャーを掛けに行こうとしない阿部も問題外だけど。川崎戦の録画を見た印象は案外悪くなかった阿部だけど、この日の出来は有村並(以下?)だった。後半は当然のように下げられた。というか、後半は吉村を入れてシステムは3-5-2。

3-5-2になったら、安定したとまでは言えないけど、前半よりはずっとマシな試合運びになって、東京とほぼ互角に渡り合えるようにはなった。好機も増えたけど、必要以上に球を廻し過ぎて、シュートを一向に選択しないから、なかなか得点機までは至らない。それでも、決定的なシュートは何本かあったが、土肥が当ってたんだよなあ。片端から止められた。ストレスばかりを溜め込んで、結局、無得点のまま終るかと思ったが、終了寸前、吉村のミドルが炸裂。吉村のミドルが枠に飛んだのは何年ぶりだろ、みたいな(^^;。あれがいつも決まってたら、彼は凄い選手だし、チームも随分楽になるんだけどな。にしても、1点決まるのが、あまりにも遅過ぎた。そのままタイムアップ。

後半の出来は、最近の試合の中ではマシな部類だったけど、はっきり言って、東京の出来もたいがいで、ミスで失ったボールがミスで返って来る有様だったから出来た展開だと思う。前半からまともにやってたら、このチームに2点も失点してないんじゃないかな。ここんとこずっと、そういうレベルのチームに、勝ち点を次々取りこぼしてる感じ。今の状態では、勝ち点を積める可能性を全く感じない。何か目指しているものがあるにしても、もはや現実的な選択をするしかないのでは。たとえばシステムに関しては、今のメンツでは、3-5-2でやるしかないというのが結論だと思う。少しでも結果が出せていれば辛抱する意味もあるけど、出てないんだし、去年みたいに、貯金がある状態でやるんならともかく(それにしても、あそこまで追い込まれた訳だが)、10節も消化して、降格圏がチラついていて、上昇する兆しが全くない非常にヤバい状況で、敢えて危険を冒す余裕はないよ。

|

« J1リーグ第10節浦和対大宮 | トップページ | 花巻温泉郷 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9826642

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第10節東京対名古屋:

» 2006 J1 第10節 名古屋vs東京 1-2 [Masa-Changの「ことばのたれながし」]
雨が予想されていた今日の東京地方、お寒い内容+雨+負け試合では、財布の紐も固くなるもの。 といふ訳で、予定通り(笑)自宅でTV観戦を選択したMasa-Changであります。 結果論だけど… 行かなくて、良かった…。 わざわざスタジアムに足を運んでるサポーターには、申し訳ないが…。 では、スタメン。 ☆ 名古屋グランパスエイト GK 1 楢崎 正剛 DF 4 大森 征之 DF 5 古賀 正紘 DF 16 増川 隆洋 DF..... [続きを読む]

受信: 2006.04.30 12:08

» 2006J1 第10節 FC東京 2-1 名古屋グランパス (味の素スタ) いつもの敗戦 [気ままなNotes...]
 サッカーJ1第10節、FC東京×名古屋グランパスエイトの試合が味の素スタジアムで行われ、前半序盤にあっさり両サイドを破られ同じような形で2失点し、終盤に1点返すも1−2の完敗。この試合はBS中継を見ていたんだけど、いつもいつも相手に対して後手後手の試合しかできないんだよねぇ。これで名古屋は公式戦9試合連続白星なしで、リーグ戦は14位のままだ。... [続きを読む]

受信: 2006.04.30 18:14

» [J1]FC東京−名古屋グランパス [劇団天野屋 Part3]
2006年4月29日 19時 味の素スタジアム 観衆22,188人 FC東京 2 [続きを読む]

受信: 2006.05.01 19:27

» FC東京 2−1 名古屋 [KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)]
〇第13回J1リーグ戦第10節初日 2006年4月29日19時4分 味の素スタジアム 曇 主審:高山啓義 22188人 FC東京 2−1(2−0) 名古屋 【得点】東:14、17ルーカス 名:88吉村  名古屋の試合を見るのって、二年ぶりくらい?  蹴球今年26試合目。....... [続きを読む]

受信: 2006.05.01 23:37

« J1リーグ第10節浦和対大宮 | トップページ | 花巻温泉郷 »