« ナビスコ杯予選L第1日名古屋対甲府 | トップページ | セリーグ 広島対ヤクルト(4/7) »

J1リーグ第6節鹿島対大宮

2006.4.2(日) 15時 カシマ  

 鹿島アントラーズ 2(2-0)1 大宮アルディージャ 
           (0-1)

 得点 鹿島・岩政
    鹿島・小笠原(FK直接)
    大宮・小林大

JSPORTSでの生中継を録画しといたのをようやく見た。

鹿島は昨年のリーグ戦で、一番歯が立たなかった相手だし、1-2というスコアを聞いて、やっぱりそうかと思ってたけど、見てみると内容的にはそうでもなかった。攻撃の組立なんかは、むしろ大宮の方が出来が良かった感じ。理由は多分、ついに登場した吉原にあると思う。この日の大宮の布陣は、前節からまた変って、吉原の1トップに大悟のトップ下(ついでに右が久永で、CBは奥野が外れて冨田)だったようだけど、吉原の、中盤からボールを引き出す動きやシュートへ持ってくタイミングなんか、今年の大宮のFW陣の中ではベストの出来だった。その吉原を中心にして、立ち上がりから攻撃がよく噛み合った。

でも、序盤に失点。マーカスの相変わらずザッパなファールで与えたFKを、小笠原が蹴って、ゴール前で岩政に決められた。マーカスのファール自体は、かなり浅い位置だったんで、まあしゃあないという感じだったけど、その後の大宮のゴール前のディフェンスはいただけなかった。去年もこういう失点を繰り返して、勝ち点を取り損なってたよな、という感じ。
それでも流れは大宮にあったけど、前半の最後の方で、さらに失点。ゴール正面の絶妙な位置で、久永がファールを取られて、小笠原に難なく決められた。久永のファールは、あれが?、みたいな気はしたけどな。まあ、運がなかったんだろう。

後半も大宮の不運が続き、久永と主税が相次いで負傷で交代。これで攻撃の組立が難しくなったし、交代枠も乏しくなってしまった。もっとも、その後、大悟がシュートチャンスを逃さずに1点決めたのは、自分が決めないと、という危機意識が働いた結果かも知れない。だとすれば、2人の主力選手が消えた効果だったかも知れないけど。
1点を返した後は、鹿島がようやく目が覚めたのか、急に攻撃に鋭さが出て来て、大宮ゴール前で立て続けに決定機を作られたりしたし、大宮は選手交代で手が打てなくなってたこともあって、あんまりチャンスは作れなかった。吉原も中盤以降は消え気味だった気がする。

内容的には優勢だったとは思うが、ディフェンスの拙さで失点したり、組立の甘さで決定機を作り切れなかったりしてたから、やむなしという気はする。ガンバ戦に引き続き、運がなかった試合だったとも思う。まあ、千葉戦・清水戦は、逆に運で勝ったような所もあるんで、しゃあないんだろうな。
吉原が結構いけそうなのは収穫。こういうプレーを安定して続けられるんなら、廻りと噛み合ってくれば、大宮ももっと得点の匂いがする試合が出来るようになるんじゃないかな。

|

« ナビスコ杯予選L第1日名古屋対甲府 | トップページ | セリーグ 広島対ヤクルト(4/7) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9466587

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第6節鹿島対大宮:

« ナビスコ杯予選L第1日名古屋対甲府 | トップページ | セリーグ 広島対ヤクルト(4/7) »