« イースタンリーグ ロッテ対湘南(4/9) | トップページ | ナビスコ杯予選L第3日C大阪対名古屋 »

J1リーグ第7節大宮対横浜

2006.4.8(土) 15時 駒場 
観客 8370人 主審 柏原 副審  

 大宮アルディージャ 2(1-1)1 横浜F・マリノス   
            (1-0)

 得点 32分 大宮・桜井
    37分 横浜・久保
    76分 大宮・小林大

JSPORTSの録画中継を見た。

大宮は2トップに森田と桜井を起用。鹿島戦で吉原を使って、割とバランスのいい攻撃を組立てられていたから、なんで変えちゃったのかな、と思ったが、まあ、鹿島戦も勝てた訳じゃないし、三浦がマリノスに対しては、バランスよりも森田のデカさとか、桜井の強引なドリブルとか、力技の方が有効と考えたのかも知れない。実際、この2トップはそれなりに機能していた気はする。シュート体制までは結構強引に持っていけてた。ただ、あんまりゴールが決まるようには思えなかったけど、結果を知って見てたこともあるが、こっちがこの2人を見慣れてるせいもあるのかも知れない(^^;
どっちかというと、本当に危険な決定機はマリノスの方が多く作ってたように思うんだが、シュート数などの数字上は五分の戦いだったようだし、一般的に大宮の方が格下に見られている分、大宮健闘、優勢という風に、見えなくもなかった。
そして大宮が先制。桜井が、大悟から受けたボールをシュートしたのが、マリノスDFに当って、コースが変わってゴールに入った、ラッキーなゴール。コースが変わってなくても入ったかも知れないけど、ちょっと微妙だったかな。でも、5分後に久保のゴールであっけなく追い付かれた。この辺は、マリノスはさすがに強豪だね、という感じだったが。

同点で折り返した後半も、五分の展開は変らなかったが、後半の半ばを過ぎた所で、流れを変える動きが起きた。トニーニョがマルケスと交錯して押し潰すような形になり、マルケスが痛んで、マリノスの攻撃の起点が一つ消えた。一方で大宮は桜井が吉原に交代して、攻撃の流れが良くなった。決勝ゴールは、吉原がボールキープして粘った上で、フリーの大悟へパスして、それを大悟がミドルで決めたもの。かなり距離のあるシュートで、思い切りの良さがあった。鹿島戦もそういうゴールだったし、大悟はちょっと吹っ切れたのかな、という気がする。ずっと、久永や主税に比べて、シュートチャンスでの思い切りが足りんと思ってたんだけど、そういう印象が払拭された感じがする。元々、巧い選手だし、こういうシュートも打ってくるようになれば、相当強力な戦力になるはず。(それはそうと、シュートの場面で、大悟の前で森田が怪しい蛙飛びをしていたのは、ボールをよけたのかな。あれで、榎本も幻惑されたかね(^^;)
その後は、大宮が怪しい試合運びで、きっちり守り切った。元々、五分の試合運びだったから、そんなに難しいことでもなかった感じ。

去年のマリノス戦との比較で、今年の戦力アップをはっきり感じた試合。ここんとこ、新加入選手が噛み合ってきて、負けてても、内容自体はそんなに悪くなかったけど、ようやく結果が出た感じ。この勝ちで、波に乗って行けるかも知れないな。

|

« イースタンリーグ ロッテ対湘南(4/9) | トップページ | ナビスコ杯予選L第3日C大阪対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9529742

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第7節大宮対横浜:

« イースタンリーグ ロッテ対湘南(4/9) | トップページ | ナビスコ杯予選L第3日C大阪対名古屋 »