« J1リーグ第8節新潟対名古屋 | トップページ | セリーグ 巨人対ヤクルト(4/19) »

J1リーグ第8節川崎対大宮

2006.4.16(土) 15時 等々力 
観客 11149人 主審 松村 副審 武田、小椋  

 川崎フロンターレ 3(0-0)1 大宮アルディージャ   
           (3-1)

 得点 62分 川崎・箕輪
    67分 川崎・ジュニーニョ
    77分 川崎・原田
    78分 大宮・藤本

見に行ってた。

序盤はまったりとした泥沼な試合展開で、大宮が自分たちのペースに試合を引きずり込んでた感じだったが、次第に川崎の速い攻めが機能し始め、一方的に攻め始めた。それでも大宮は、後半序盤までは、ゴールポストに2発救われたりもして、なんとか持ちこたえていた。
この膠着状態に対して大宮が先に動いて、後半15分過ぎ、いまいちな出来だった吉原を小林慶行に替えた。しかしこの交代が裏目に出た。交代は大宮のファールで試合が止まったタイミングで行われ、直後に川崎のFK。ジュニーニョのキックを箕輪に決められてしまう。多分、1失点した後だったら、この交代は違う形だったと思うし、慶行にはかなり気の毒な展開。ここんとこ、慶行はどうも間が悪い巡り合わせだ。
先制点を挙げて、試合の流れは完全に川崎へ。5分後くらいにマルコンが左サイドを突破し、クロスを入れると、ゴール前でジュニーニョが合わせる。さらに10分後には右サイドをジュニーニョが突破し、ゴール前へ高速クロス。これをトニーニョがクリアに行ったが、クリアボールはゴールへ一直線…だったんだけど、ゴールへ入る前にプッシュした原田のゴールになったらしい(^^;。
ただ、この得点がオウンゴールなのか、原田のゴールなのか、なかなか場内アナウンスされなくて、どっちなんだろうな、みたいな感じで、場内の集中が切れてる隙に、主税がまんまと川崎のゴールを陥れた(^^;。これで1-3。でも、大宮の反撃はそこまで。

まあ、大宮の完敗。
双方のボランチの出来の差がこの結果につながったかな、という気がした。マーカスの雑なプレーはデフォルトだが、今日は片岡の出来も良くなくて、ボランチが守備的に持ちこたえられなかった。
あと、それと連鎖してるとも思うんだけど、両サイドも大宮が完敗。川崎の左サイドのマルコンに、序盤に一度、波戸が完全に振り切られて決定機を作られ、その後、大宮は大悟と波戸が二人掛かりでの慎重な対応をするようになったから、右サイドからの積極的な展開は作りにくくなった。左も森にかなりいいようにやられてた。元々、主税はあんまり守備をしないし、ボランチがそういう状態では助けは期待出来ず、土屋が孤軍奮闘してたが、ジュニーニョやマルクスもちょろちょろ絡んで来る状態では、押し込まれるばっかりで、とにかく守るのが精一杯という感じだった。

とはいえ大宮は前節の横浜戦は勝ったわけで、どこが違ったんだろうなと思うが、川崎も伊達に上位に居ない(横浜よりも順位は上)ということかな。まあ、FWが当ってたか当ってなかったかの違いに過ぎないのかも知れないけれど。先発した2トップ、吉原と桜井の併用は、持ち味が微妙にかぶって裏目に出たようで、むしろ、どっちかを森田にしといた方が良かったような気がした。それにしても、吉原は精彩を欠いていたな。このチームで生で見るのは初めてで、ちょっと期待したんだけどな。

|

« J1リーグ第8節新潟対名古屋 | トップページ | セリーグ 巨人対ヤクルト(4/19) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9628504

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第8節川崎対大宮:

» [J1]川崎フロンターレ−大宮アルディージャ [劇団天野屋 Part3]
2006年4月16日 15時 等々力陸上競技場 観衆11,149人 川崎フロンタ [続きを読む]

受信: 2006.04.19 07:42

« J1リーグ第8節新潟対名古屋 | トップページ | セリーグ 巨人対ヤクルト(4/19) »