« ナビスコ杯予選L第4日大宮対磐田 | トップページ | ナビスコ杯予選L第4日甲府対名古屋 »

J1リーグ第9節名古屋対川崎

2006.4.22(土) 14時 瑞穂陸上競技場 晴 
観客 11810人  

 名古屋グランパスエイト 0(0-1)2 川崎フロンターレ  
              (0-1)

 得点 川崎・谷口
    川崎・我那覇

火曜深夜のJSPORTSの録画中継をようやく見た。FC東京戦の前になんとか。

相当、悪評を聞いてた試合なんで、あんまり気合いも入らず、適当に見ちゃったから、印象が薄まってるせいもあるんだろうけど、まあ、こんなもんじゃねえの、という感じ。前節の新潟戦で、気の抜けたプレーで自分で墓穴掘りまくってたことを思えば、そういうプレーがなかっただけ、まだこっちの試合の方がマシ。全然いい出来の試合じゃないけど、こういうのを見慣れちゃったし、そういう中で相対的に言ったら、特に酷いわけでもないかな、という印象。
前の方で押し上げて厚みのある攻撃を仕掛けて、後ろは粘り強く守って、主導権を握って優位に試合を運ぼうという意欲が、立ち上がりには感じられたけど、我那覇がディフェンスの間を抜いて、きわどいシュートを打って来て、ポストに当たった跳ね返りを谷口に押し込まれると、どんどん尻すぼみで、いつもみたいになっちゃった。もっとも、失点したから尻すぼみになったのか、勢いが(既に早々に)落ちかけていた所で失点しちまったのか微妙だけど。
この試合に関しては、つまらなさの由来は、ディフェンスというより攻撃かなと思う。川崎は攻撃陣にマルクス・ジュニーニョと揃ってるし(我那覇は?(^^;)、彼らを生かした布陣も確立してるから、点を取りに来る時に迷いがないよな。それと比較して見たら、いかにも名古屋は、人材も居なけりゃ策もないという感じ。本当に人材が居ないのかどうかは、よくわからない。たとえば、まるっきり終ってるように見える玉田に、起用法の問題はないのかとか、なんで杉本は先発で出て来ないのかとか、そういうのがあるから。でも、そういう風に見えちゃってるのは間違いないし、どうしたらいいのか分からず、迷い倒して、満足にシュートも打てない攻撃ばかりじゃあ、見ててつまらないのは当たり前だよ。
まあ、この試合に関しては、今のリーグでも特にイキのいい部類のチームとの比較になっちまったんで、激しく見劣りしたようには思える。問題点が露になった、という言い方も出来るのかもしれないが、露になった所で、対策があるのかどうか。この後のナビ杯甲府戦(見てない)で、何か手は打ててたんだろうか。結果を見る限りは、そうとも思えないけれど。

|

« ナビスコ杯予選L第4日大宮対磐田 | トップページ | ナビスコ杯予選L第4日甲府対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9811452

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第9節名古屋対川崎:

« ナビスコ杯予選L第4日大宮対磐田 | トップページ | ナビスコ杯予選L第4日甲府対名古屋 »