« ラグビーW杯予選 日本対韓国 | トップページ | J1リーグ第9節名古屋対川崎 »

ナビスコ杯予選L第4日大宮対磐田

2006.4.26(水) 19時 駒場スタジアム 曇
観客 人 主審 山西 副審 

 大宮アルディージャ 2(1-0)3 ジュビロ磐田  
            (1-3)

 得点 41分 大宮・グラウ
    54分 磐田・ファブリシオ
    56分 大宮・森田
    68分 磐田・中山
    86分 磐田・村井

今年初めてのナイトゲーム観戦。もっとも、野球は行ってるけど。そういやあ、夜の駒場って、かなり久しぶりだったような。

先日、移籍加入したグラウが先発。森田との2トップ。その他も虫干しモードで、GKは安藤、バックラインも右から西村、(トニー)、平岡、富田。ボランチは慶行と佐伯。
キックオフ直後の1分、グラウが主税とのパス交換から決定的なシュート。川口が辛うじて弾き、DFに蹴り出されて、得点にはならなかったけど、初出場でいい試合への入り方をした。もっとも、試合自体は、その後は磐田が優勢。磐田の攻撃の組立には、それほど見るべきものはなくて、1トップの前田への放り込みばっかりみたいな感じだったけど、局面での巧さや、とにかく得点を狙って来る縦の速さがあったし、一方で、大宮はバックラインや中盤で安易なパスを出してカットされ、ピンチを招く場面が多く、やはり磐田は格上チームかなという感じがした。
でも先制は大宮。前半残り5分というところで、左CKからのボールを、ゴール前でうまくつないで、最後はグラウがしぶとく押し込んだ。今年補強したFWの中で、最速で結果を出した。やはり磐田での実績は伊達じゃないか。

大宮が1点リードして迎えた後半。磐田の優勢は相変わらずだったけど、なんとかいなして行けるかも、という期待は持ち始めてたが、10分にファブリシオの、センターサークル付近から蹴ったロングシュートが決まって、同点にされてしまう。あの距離では、安藤が無警戒だったのは仕方ないかも知れないけど、ちょっと前へ出過ぎていたかも知れないな。あと、荒谷なら、単純にでかいので、いくらか反応の仕方もあったかも知れない。
しかしその2分後、右サイドで西村がいい形でボールを奪って久永につなぎ、久永が抜け出して、ゴール前でフリーで居た森田へ。森田は余裕を見せつつシュート。川口に当ったけれども、そのままゴールに入って、大宮は再度勝ち越し。
ところがところが。10分後、左サイドからゴール間に入って来たクロスを安藤がキャッチに行ったが、磐田の選手と交錯して、ボールをこぼしてしまう。遠目にGKへのファールと思ったが、笛は鳴らず、プレー続行。それを中山が押し込む。大宮の選手は主審に抗議してたが、覆らなかった。釈然としないものは残るが、主審の方が近くから見ていたからなあ。本当にファールを取るようなプレーではなかったのかも知れない。録画を見てみたいところ。ファールじゃないんだとしたら、これも安藤のポカということになるんだが。
これでさすがに大宮はがっくり来た感じ。86分に、船谷がゴールへ向かってドリブルして来るのに安藤がおびき出され、逆サイドからフリーで入って来た村井に通されとうとう逆転を許した。
それでも、ロスタイムに、小林慶行が決定的なシュートチャンスをつかんだんだけど、フカしてしまって、万事休す。逆転負け。

大宮にとっては、やや不運という感じはないでもないけど、試合全体を通して、自分たちを不利にするミスが多過ぎた感は否めない。控え組主体のメンツの中で、アピール出来ていたのは、(日頃からそこそこ出場機会はあるが、今日はすげえ気合いが入ってた)冨田だけだったような気もするのは、選手層の厚みという点で、少し残念な感じ(それでも、西村はよくやってたと思うが、やっぱり、波戸と比べると厳しそうだなあ)。
グラウが使えそうなのは収穫だったと思うが。ゴールの後、早速、恒例の旗を振るパフォーマンスを見せていたっけな(^^;

|

« ラグビーW杯予選 日本対韓国 | トップページ | J1リーグ第9節名古屋対川崎 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/9780042

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第4日大宮対磐田:

« ラグビーW杯予選 日本対韓国 | トップページ | J1リーグ第9節名古屋対川崎 »