« 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/19) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/20) »

ナビスコ杯予選L第7日大宮対C大阪

2006.5.17(水) 19時 駒場スタジアム 雨
観客 3709人 主審 高山 副審 伊藤、武田

 大宮アルディージャ 1(1-0)1 セレッソ大阪  
            (0-1)

 得点 6分 大宮・トニーニョ
    80分 大阪・西澤

 大宮 荒谷(GK)、波戸、トニーニョ、土屋、冨田、
    藤本、片岡、小林慶(77分斉藤)、久永(83分桜井)、
    小林大、若林(82分森田)
 大阪 吉田(GK)、山田、前田、柳本、山崎、
    酒本(59分森島)、下村、古橋、宮原(68分藤本)、
    柿本、徳重(59分西澤)

 退場 65分 大阪・下村(警告2回)

 警告 大宮 冨田
    大阪 なし

見に行ったのに、感想を上げるのが、すっかり遅くなっちまった。水曜の晩、大住に因縁付けてる場合じゃなかった(^^;

キックオフ1時間前に浦和駅を出た時は、ぱらぱら程度だった雨が、時間が経つにつれてどんどんひどくなった。スリッピーなピッチで、結構滑ったりしてた。それで、双方、あんまり安定した試合運びにならなかった印象がある。

前半の早い時間帯に、大宮が大悟のFKから、若林がポストして、トニーニョの見事なシュートで先制。トニーニョの相手選手との間合いが、なんか不安定に見えたり、この日はCBに入った土屋のプレーが、やっぱちょっと堅実さに欠けるかなという印象があったりして、セレッソにも結構好機があったから、大宮が堅実に守れていたとは言い難かったけれど、おおむね大宮ペースで前半は進んだ。特に前半は、前線での若林のポストプレーが素晴らしくて、まるで古賀のようだった(^^;。精力的に動くし、足も速いし、もっさりした感じの森田に比べると、ピッチ上での印象はかなりいい。ただ、わけのわかんないゴールをいきなり決めちゃう森田のあやしさは、若林にはなく、それがある限りは、森田の方がFWとしての序列は上かな、とも思う。先発したこの日も、若林はつなぎのプレーは素晴らしかったけど、結局、ノーゴールだったし。

後半に入ったら、セレッソがペースを握った。大宮は、ボランチ(片岡と慶行)が前半から多少不安定さはあったけど、後半に入ると、全然持ちこたえられなくなっちゃった感じ。このまま行くと早晩やられると思ってたが、後半半ばに下村が退場して、大宮に一時的に流れが戻った。助かったと思ってたんだけど、残り10分、混戦でファールを取られ、FKから失点。
その後、森田・桜井を投入したが、ロスタイムの決勝ゴールは種切れだったらしく、そのままドロー。

悪い流れの時間帯に、積極的に手を打つことが出来ていれば、展開はいくらか違っていたかも。そういう意味では下村の退場は、手を打つタイミングを遅らせたことで、かえって大宮に悪い効果をもたらしたのかも知れない。
試合としては、両チームが噛み合っていて、ここんとこ見た大宮のホームゲームの中では一番面白かったし、ドローという結果は、内容的にも妥当だったかな、とは思うが。

なお、勝てなかった時点で、決勝トーナメントは厳しくなったなと思ったが、翌日、まさかと思ってたが、甲府が磐田を破っちゃったので、大宮はグループリーグ1位抜けも充分見込める状況になった。明日の長居では頑張っていただきたいもの。

|

« 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/19) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/20) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/10152269

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第7日大宮対C大阪:

« 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/19) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/20) »