« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/14) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/18) »

交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/17)

2006.6.17 14:00 神宮
M 000023000 5 
S 40030000X 7
[勝]石川 [S]木田 [敗]清水直 [H](S)ラミレス(清水直)、(M)里崎(石川)

初回に清水直を打ち崩し、打者一巡でいきなり4点先制。でも石川がもの凄く慎重に投げていて、いかにも調子が悪い感じだったから(5回1死までノーヒットだったんだけど)、4点じゃ安心できないなと思ったら、4回にラミレスが3ランで7-0。ちょっと安心した。それにしても、ここ数試合、ラミレスに好機での当りが戻って来た感じなのは、頼もしい。
けど石川が、直後の5回表にフランコに初安打を打たれ、里崎に一発食らって2失点。明らかにあぶなっかしくなってたから、その裏に打順が回ったとこで代えるかと思ったが代えない。そしたら、案の定、6回表も打たれる。結局、館山投入もこの回3失点して、尻に火がついた。で、7回表2死1-2塁で高井を投入したが…(^^;。初球が福浦の頭部直撃で危険球退場。一球で退場って、過去に例があるんだろうか? 球史に残る出来事なんでは。
まあ、福浦が、怒ってるだけで、元気そうなのは何よりだったけど、高井は、あんなんじゃ、もう使えないよ。役に立つ・立たないとかという以前に、危険過ぎる。
しかしここで木田が、突然の登板だったのに(まあずっとアップはしてたけど)、よく後続を断った。そしてそのまま最後まで投げて押さえ切る見事なピッチング。ヤクルト連勝。

もっと楽に勝てたはずの試合だし、石川の見切り時を間違えた采配ミスがあったと思うが、木田がよくリリーフしてくれたよ。インタビューもクールでイカしてた(^^;。あとは秉秀の守備が良かったねえ。いつのまにこんなにきっちり守れるようになったんだろ(^^;。初の1軍で気持ちが入っているだろうし、勢いもあるんだろうが、今の内野の安定は多分に秉秀の力だよ。ガンバレ。

|

« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/14) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/18) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/10566680

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/17):

« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/14) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/18) »