« 交流戦 ヤクルト対楽天(6/19) | トップページ | JFL前期第16節横河対刈谷 »

セリーグ 阪神対ヤクルト(6/23)

2006.6.23 18:00 甲子園
S 040000012 7 
T 000000040 4
[勝]ガトームソン [S]木田 [敗]下柳 [H](S)米野(安藤)、(T)片岡(松井)

セリーグのリーグ戦再開初戦。幸先良く勝ったものの、ぶざまな勝ち方だったな。

帰宅してsky-A付けたら8回表で4-0。見ているうちにラロッカのタイムリーで5-0。楽勝かな、と思ったが、好投したらしいガトームソンに代えて(まあ、球数も110球を超えていたようなので、やむ無しか)、8回から高井…。
でも今日の高井は気の毒だった。ストライクが入らんのは相変わらずだけど、うまく打たせて、無失点で切り抜けられたはずだったのに、1死1塁から、秉秀とラロッカが平凡な内野ゴロを立て続けにエラー。5-1になって、なお1死1-3塁。本人の責任じゃないとはいえ、さすがに続投させとくわけにもいかず、館山に交代させられてしまった。
館山が登板して2死にしたが、これはワンポイントで、続いて松井。そこで片岡が、松井の甘い球をライトへ叩き込んでスリーランで5-4。負けを覚悟したよ。
もっとも、ここで逆転されなかったのが、例によって効いた感じ。9回表には米野のホームランとリグスのタイムリーで7-4にしたその裏、木田が登板して、また守備が乱れてピンチを迎えたものの、なんとか無失点で切り抜けて、ヒヤヒヤもんだったけど、どうにか勝ち切った。

秉秀、ここまで手堅い守備を(見た範囲では)見せていたのに、突然どうしちまったんだか。気が緩んだかねえ。ちなみに9回2死で阪神最後のバッターの打球は遊ゴロ。もの凄い気合いで取りに来ていたのはいいけど、あんまり力むと、かえってエラーするよ(^^;。
それにしても、なんか憑いたんか、とでも思いたくなるような、突然の守乱だった。ここんとこ、かなり守備が安定してきて、これもチームの成績が上がって来た理由かもと思っていたけど、こんなんじゃ、先が思いやられる。
それでもとうとう順位は3位に浮上したが。

|

« 交流戦 ヤクルト対楽天(6/19) | トップページ | JFL前期第16節横河対刈谷 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/10656108

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ 阪神対ヤクルト(6/23):

« 交流戦 ヤクルト対楽天(6/19) | トップページ | JFL前期第16節横河対刈谷 »