« 感想「フラッシュ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/4) »

交流戦 ヤクルト対オリックス(6/3)

2006.6.3 13:30 神宮
B 000100030 4 
S 000000000 0
[敗]石井一 [勝]平野佳

見に行ってた。雨が気になってたが、幸い降ることはなかった。

一久が先発だった時点で、負けかなあと思い、初回にいきなり連打で無死1-2塁にされて、やっぱりな展開だったのだけど、それ以降の一久は、今年見た中ではベストピッチングだった。140キロ台の速球がバシバシ来ていて、緩急も効果的。こんな速球が、実は投げられたのか! 今まで、なんで投げんかった? もっとも、2イニングくらいで息切れしてたぽいが(^^;。
しかし打線がオリックスの平野を捕らえ切れない。3回に1死満塁でラミレス・ラロッカだったのに1点も取れず。4回は梶本が3ベースで出たのに返せない。
なんてことやってる間に、4回に一久が暴投し、米野がボールの行方を見失うポカを重ねて、オリックス・北川がセカンドから一気に生還して先制。
その後は膠着状態が続いたが、8回に松井が捕まり3失点して勝負あり。打線も平野をついに攻略できないまま終ってしまった。0-4で完封負け。
平野は立上がり、不安定だったが、尻上がりに調子が上がったな。というか、上がることを許したというか。序盤の好機を逸したことが響いた感じ。

今年、妙に縁のある梶本が1軍で初めての先発。4打数2安打(しかも1本はセンターオーバーの3ベース)で今日一番振れていたバッターだった。守備も安定していたし、文句なしの立派な出来。ファームで馴染みの選手だけど、今日の活躍が、実績を積み重ねて、1軍に定着して行くきっかけになる試合になっていけばいいなと思う。

|

« 感想「フラッシュ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/4) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/10381129

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/3):

« 感想「フラッシュ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/4) »