« 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/4) | トップページ | JFL前期第14節横河対三菱水島 »

交流戦 西武対ヤクルト(6/7)

2006.6.7 18:00 インボイス
S 100021000 4 
L 00510020X 8
[敗]館山 [勝]ギッセル [H](L)福地(館山)、中島(館山)

このカード、神宮では見てないんで、やっぱ行っておかないとってことで、1年振りにインボイスSEIBUドームへ。
1回表にいきなり無死満塁にしたが、ラロッカの内野ゴロの間に1点取ったのみ。その後も西武のパッとしない先発(ギッセル)を攻めながら、拙攻の連続で追加点を上げられずにいると、初回からあんまりいい感じではなかった館山が、3回裏に福地に3ランを食らう。その後も失点を続けて1対6。こりゃ駄目だと思ったが、スワローズの拙攻を哀れと思ったか(^_^;、5回に梶本のゲッツー性の当りをセカンド片岡が一塁へ悪送球してくれてとりあえず1点。がぜん勢いづく燕。真中がタイムリーで続き、6回にはラミレスが、よーやくのタイムリーで2点差に迫った。
しかし5-6回は立ち直った感じもあった館山が7回に中島に2ランを食らって一巻の終わり。

追撃ムードの中で、館山の替え時を見失ったかな、と思うが、それ以前に4回までに6失点は打たれ過ぎだろ>館山。さらにそれ以前に相変わらずのタイムリー欠乏症の問題もあるし。冴えん試合だった。
青木が4安打と打ちまくり、スランプに陥ったわけではなさそうなのは良かったけどね。というか、チーム全体でもヒットは打ってるんだが、タイムリーが…。

梶本がセカンドで先発し、死球で慎也が途中で退いた後は、ショートに入った。今日は守備は結構うまく出来てたが(ファインプレーもあった)、打つ方は全然だったな。それでも、幸運な形で得点に絡みはしたが、もうひと頑張り欲しいところ。
慎也は、死球の後は、走者で残っていたし、大丈夫だろうとは思うんだけど。

で、西武のリベンジは着々と進行中なわけで。せめて明日は勝たないと、神宮での3連勝が、無意味なものになってしまいかねないな。
7回表の前に東京音頭が場内に流れたのには驚いた。去年も流してたっけ? 記憶にないんだけど、今年からかな。

|

« 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/4) | トップページ | JFL前期第14節横河対三菱水島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/10437363

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 西武対ヤクルト(6/7):

« 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/4) | トップページ | JFL前期第14節横河対三菱水島 »