« JFL前期第16節横河対刈谷 | トップページ | 感想「最後の旋律」 »

イースタンリーグ ヤクルト対湘南(6/25)

2006.6.25 13:00 戸田
SR 003020100 6
SW 020300000 5
[敗]上原 [勝]岸本

1月半ぶりくらいに戸田へ。

昨日も真中が言ってたらしいけど、えらく平均年齢の高いスタメンで(^^;。公誠、鈴木健、城石、真中。それ以外も、丸山タイジ、田中浩、飯原、武内で、アンダー22歳が一人も居ない。

先発はゴンザレスだったが、ぱっとしなかった。変化球が甘いコースに入って来ることが多くて、そこをきっちり打たれてた感じ。湘南・先発の岸本を打ち崩し、守備の乱れも突いて、2度先行したんだけど、点を取れば取り返される展開を繰り返し、5回終って5-5。ゴンザレスはそこで降板。で、7回、上原が投げている時に、2死2塁で、武山のサードへの当りを丸山タイジがファーストへ悪送球して、2塁から吉村に生還されてしまい、これが決勝点。
シーレックスはエラーが多くて、冴えん試合運びだったんだけど、肝心な所で、こっちもお付き合いしちまった感じ。

公誠が5回までマスクをかぶっていて、悪くない動きだった。ダイナミックに走って、飛んで、かなり張り切っていた印象。あの感じなら、米野と福川へプレッシャーを掛けていけるんじゃないかな。
他にも、鈴木健が、外野フライでタッチアップから必死に走ったりとか、面白い場面は結構あったんだけど、試合結果が結果だからねえ。

|

« JFL前期第16節横河対刈谷 | トップページ | 感想「最後の旋律」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/10676710

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対湘南(6/25):

« JFL前期第16節横河対刈谷 | トップページ | 感想「最後の旋律」 »