« セリーグ 横浜対ヤクルト(6/30) | トップページ | 感想「五月革命'86」 »

セリーグ 横浜対ヤクルト(7/1)

2006.7.1 18:00 横浜
S 0000001000  1 
B 0000000101X 2
[敗]松井 [勝]加藤 [H](S)ラミレス(吉見)

3試合連続延長戦。ほんとにうちのチームは野球が好きだねえ。しかも、勝敗にはこだわらないときた(--;)。

今日は3回くらいからJSPORTSの中継を見てた。石川と吉見の投げ合いで、0-0のまま6回まで終了。石川が魔の6回を無難に切り抜けると、7回表にラミレスの一発が出て先制。石川で1点差で逃げ切れるんかなあ、と不安は感じたが、0点に抑えてたし、球数も少なかったから、積極的に降板させる理由はなかった。8回表に石川に打順が回ったが、そのまま打席に入り、8回裏も続投。ただ、こういう展開って、往々にして続投したピッチャーが打たれると思っていたら、やっぱり8回裏に石川が打たれて同点。それでも2番手・花田がよく踏ん張って、逆転は許さなかったから、望みはあるかと思ったが、10回裏に松井が打たれて、あっけなく負けた。2試合連続サヨナラ負け、3試合連続延長負け。

今日は投手には文句はない。10回裏の松井はイマイチだったけど、そういう流れだったから、サヨナラ負けは必然という感じ。スワローズに点を取れそうな雰囲気がなかったからね。
やっぱり、得点力の下降が痛い。ただ、結局、交流戦前のセリーグでの戦いぶりに戻っただけなんでは、という気もしないではないんだよなあ。そう考えると、結構、気が滅入るよな。

|

« セリーグ 横浜対ヤクルト(6/30) | トップページ | 感想「五月革命'86」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/10752070

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ 横浜対ヤクルト(7/1):

« セリーグ 横浜対ヤクルト(6/30) | トップページ | 感想「五月革命'86」 »