« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/8) | トップページ | 感想「マネー・ボール」 »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/9)

2006.7.9 13:00 ロッテ浦和
S 005000100 6
M 00131030X 8
[敗]鎌田 [勝]末永 [S]黒木
[H](S)小野(龍太郎)、久保田(龍太郎)、度会(柳田)、(M)寺本(松岡)

2日続けてロッテ浦和。雨かもな、と思ったけど、たまにぱらっと来る程度で、傘は最後まで必要なかった。今日もちょいと出遅れて、着いたのは1回裏が始まって、松岡がロッテ先頭の代田をショートゴロに打ち取ったとこだった。

3回表に畠山のタイムリーで2点先制。続いて公誠がバックスクリーン直撃の2ラン。さらに久保田がライトへライナーでホームランを叩き込んで、あっという間に5-0。いやー、今日は気分良さそうだなと思ったんだが。
久保田が先発してるのを、かなり久々に見た。まあ、そんなに試合数を見てないから、単に見てないってだけなんだけど。でも、妙に愉しそうで、攻守ともハツラツとしてたように見えたなあ。

松岡は3回までは、寺本に一発食らった他は、安定して見えたんだけど、二廻り目に入るとボロボロで、4回に連打で3失点。5回にはパスクチの打球が当たってはねてヒットになる不運もあって、とうとう追い付かれた。
それでも7回表に度会の連日の一発で勝ち越したんだけど、6回から登板した鎌田が、またヘタレで…。7回裏に2死から四球と連打で3失点で逆転されちまって、それでおしまい。

久保田もだけど、畠山とかも昔に比べると、近頃はすっかり一発が減っているから、スワローズのファームで、こんなにホームランが出る試合を、久々に見た気がする。途中までは愉しかったんだけど、最後はすっかりぐだぐだになってしまったな。
飯原のレフト守備が怖かった。5回の塀内のレフト前ヒットは、ガトームソンのノーヒットノーランを、あやうくパーにしかけた場面を思い出した。毎度、あんな守備をしてるんだろうか。
ロッテの2番手投手の柳田が面白かった。あの体格で、よくプレー出来てるなあ。というか、一本調子の松岡よりも、幅があるいいピッチングしてたと思う。まあ、キャッチャーのリードもあるから、ピッチャーだけの問題じゃないんだろうけど。

|

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/8) | トップページ | 感想「マネー・ボール」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/10922168

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/9):

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/8) | トップページ | 感想「マネー・ボール」 »