« ホテルオークラ東京「花鳥風月」 | トップページ | J1リーグ第18節大宮対G大阪 »

J1リーグ第18節名古屋対磐田

2006.8.19(土) 19時 瑞穂陸上競技場 晴  
観客 14392人 主審 西村雄一 副審 名木利幸、石沢知

 名古屋グランパスエイト 3(2−0)1 ジュビロ磐田 
              (1-1)

 得点 28分 名古屋・本田
    35分 名古屋・本田(FK直接)
    77分 名古屋・秋田
    89分 磐田・カレン・ロバート

 名古屋 楢崎(GK)、スピラール(59分秋田)、大森、古賀、
    本田、藤田(72分増川)、中村、山口、ヨンセン、
    杉本(78分須藤)、玉田
 磐田 川口(GK)、茶野(65分菊地)、田中、金珍圭、上田、
    太田、ファブリシオ、福西(79分船谷)、西、
    成岡(45分カレン・ロバート)、前田(80分中山)

 退場 67分 名古屋・本田(警告2回)

 警告 名古屋 大森、楢崎
    磐田 金珍圭

やっとJSPORTSの録画中継の録画を見た。

序盤は磐田にかなり押されてた感じだったけど、磐田には甲府ほどの鋭さはなかった感じがする。暑さのせいもあったのかな。甲府戦同様、決められててもおかしくないようなシュートも1-2本あったけど、何とか乗り切った。でもって、試合序盤から右サイドから何度か仕掛けていた杉本が、28分にゴール前まで持ち来んで、粘った末に、背後の本田へパス。本田がそれを凄いミドルシュートで決めて先制。
さらに35分に本田が、ゴール正面からの直接FKを蹴って、能活が抑え切れずにゴール。テレビで見ると、単に能活が恥ずかしいだけみたいに見えたけど(^^;、GKが取れないようなボールを蹴ったんだそうで。にしても、この日の本田は凄かった。
先制してからは名古屋ペースの試合運び。スピラールがボールをクリアに行った時に怪我したようで、後半序盤に退いたけど、代りに秋田が入って、それほど乱れた感じはなかった。でも、そこまでの磐田のセットプレーの場面で、スピラールが高い打点で入って来たボールを大きく跳ね返し、問題なくクリアしてしまう場面が何度かあって、川崎戦ではこれがなかったんだよな、とは思った。秋田に代わってからは、そこまでの安心感はなかったように思う。
で、67分には本田が警告2回で退場(1回目はともかく、2回目はちょっとアンラッキーだったな)。それでも流れは変らず、77分には直志が蹴ったFKを秋田が押し込んで3-0。さすがに終盤にかけては、磐田が攻勢に出て来て、いくらか押し込まれたし、ロスタイムにはちょっともったいない感じで失点しまったけども、全体的には見事な完勝。

以前だったら、アクシデントが続いたにもかかわらず磐田に完勝、とか言ったら、結構夢見れそうな気分になったとこだけど、今の立て直し途上の磐田では、そこまでは。しかも、既に川崎戦の敗戦を見た後だし。川崎戦と比べてみると、やっぱり本田とスピラールの穴が痛かったな、という感じ。あと、甲府戦にしても、この試合にしても、序盤ははっきり相手に主導権を握られていて、そこを持ちこたえた所から名古屋の攻勢は始まっているから、川崎戦で早い時間からバタバタ失点が続いて、序盤を持ちこたえられなかった所が、試合の分かれ目だったんだなと思った。

玉田が精彩がなくて、ヨンセンが入って生き返ったかなと思ったのに、やっぱり駄目か?、という感じ。杉本はあれだけ走って、チャンスに絡んでいるのにな。中継のアナウンサーが、足に故障があるという話はしていたけれども、それならそれで、FWは他にも居るんだし、敢えて玉田にこだわることはないと思うんだが。最後の方では、まともにシュートが打てず、足がつったりしていたようだし。
ヨンセンは、終盤には、バックラインまで下がってディフェンスしたりもしてたみたい。体力もあるようだし、献身的にやってくれてるし、ここまで見る限り、申し分ない。本当にいい人材を連れて来たもんだ。次はこの状態を(いろんな意味で)どこまで維持出来るのかがカギかなあ。

|

« ホテルオークラ東京「花鳥風月」 | トップページ | J1リーグ第18節大宮対G大阪 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11577877

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第18節名古屋対磐田:

« ホテルオークラ東京「花鳥風月」 | トップページ | J1リーグ第18節大宮対G大阪 »