« 感想「バッド・ニュース」 | トップページ | J1リーグ第20節大宮対川崎 »

J1リーグ第19節横浜対大宮

2006.8.23(水) 19時 三ツ沢球技場 曇  
観客 11623人 主審 岡田正義 副審 名木利幸、石沢知

 横浜F・マリノス 1(0−1)2 大宮アルディージャ 
           (1-1)

 得点 26分 大宮・小林慶
    87分 横浜・松田(PK)
    89分 大宮・吉原

 横浜 榎本達(GK)、松田、栗原、河合、ドゥトラ、
    上野(80分大島)、田中隼、マグロン(57分坂田)、
    山瀬功、久保、吉田(71分平野)
 大宮 荒谷(GK)、波戸(58分森田)、トニーニョ、土屋(78分ディビッドソン)、
    冨田、小林慶(85分平岡)、斉藤(89分西村卓)、片岡、
    久永、小林大、吉原

 警告 横浜 松田、吉田、ドゥトラ、マグロン、河合
    大宮 久永、荒谷、冨田、吉原、波戸

JSPORTSの録画中継の録画を、熊谷へ出かける前に見た。でもって、以下は、今日の熊谷の試合を見る前に書いた感想。

双方決め手のない立上がりだったと思う。大宮は組立てのイメージはあるが、そのイメージ通りには、なかなかつながせて貰えず、横浜は地力で勝る分、優位に試合を進めてるようだけど、攻撃に厚みを欠いてた感じ。序盤に横浜が、ゴール前までボールを運び、決定機を作るが詰めが甘く逸機という場面が2・3度あった後、膠着気味に。しかし、25分過ぎ、この日は主審と相性が悪いようで、うまく持ち味(^^;を発揮出来てなかった久永が、松田のファールを誘いFKをゲット。大悟が蹴り、トニーが戻した所に待ち構えていた慶行が、素晴らしいミドルを決めた。

いつもはなんだか間の悪い慶行が、この日はこのゴールも含め、位置取りも判断も的確で、まるで慶行じゃないみたいだった(^^;。それともついにチームにフィットし始めたんだろうか。確かにここ2戦の慶行は、目だった所はなかったけど、以前のような間の悪さも、あんまり感じられなかったんだよな。

これで大宮がすっかり試合を自分のペースに持ち込んで、そのまま逃げ切ってもおかしくなさそうだったけど、元気のない横浜もさすがに終盤は攻勢を掛けてきて、大宮は押され気味な展開になった。土屋が負傷退場して、ディフェンスがややばたついた面もある。でもあのPKはないと思うけどな。エリア内でクロスに久保が反応しようとしたのを、冨田がファールで抑え込んだというジャッジだったんだけど、かなり不満。とにかくそのPKを決められ終了寸前に追いつかれたが、大宮はそこから勝ちに行った。吉原の突破からCKを得て、大悟が蹴り、ゴール前への折り返されたボールを、吉原が素晴らしい反応で押し込んだ。劇的な決勝ゴールだったな。吉原も今年、ここまで苦労してきたから、こういういい場面で初ゴールが生まれて良かったと思う。

で、この試合はいい流れで終ったんだけどねえ(^^;。

|

« 感想「バッド・ニュース」 | トップページ | J1リーグ第20節大宮対川崎 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11620733

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第19節横浜対大宮:

« 感想「バッド・ニュース」 | トップページ | J1リーグ第20節大宮対川崎 »