« J1リーグ第18節大宮対G大阪 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(8/19) »

J1リーグ第19節川崎対名古屋

2006.8.23(水) 19時 等々力 曇  
観客 11306人 主審 穴沢努 副審 木島栄、武田進

 川崎フロンターレ 4(3−2)2 名古屋グランパスエイト 
           (1-0)

 得点 14分 川崎・ジュニーニョ
    18分 名古屋・秋田
    26分 川崎・我那覇
    35分 川崎・Own Goal(秋田)
    43分 名古屋・ヨンセン
    64分 川崎・ジュニーニョ

 川崎 相澤(GK)、箕輪、佐原、伊藤、
    マルコン、マギヌン、中村、飛騨(86分井川)、
    谷口、我那覇(86分黒津)、ジュニーニョ
 名古屋 楢崎(GK)、大森、秋田(77分津田)、古賀、
    須藤(39分増川)、山口、金正友、中村、
    杉本(39分渡邊)、ヨンセン、玉田

 警告 川崎 なし
    名古屋 秋田、大森、渡邊

川崎は上位に居て好調だし、あんまり勝てるとは思ってなかったけど、うちも勢いはあるからな、とは思ってた。ただ、もともと脆弱なバックラインが、故障のスピラール、出場停止の本田を欠いて、さらに弱体化した状態で、川崎の攻撃陣に対応出来るんだろうかというのが不安だったわけで。その予感がほぼ的中した感じ。
本田の代役のような感じのポジションで入った須藤が大穴で、執拗に狙われて川崎の決定機に貢献し続けた。あまりのことに、ポジションチェンジが行われて、杉本が左SBに入り、須藤が右に回ったりもしたが、今度は右を攻められる始末。前半の川崎の3得点は、全部セットプレーからの流れだったけど(1・2点目がCK、3点目がFK)、セットプレーを与えた場面には、全部須藤が絡んでたんじゃなかったかな。
で、セットプレーでボールが入って来た時、ゴール前には高いスピラールが居ない。でかい選手が多い川崎相手に、これが効いたような印象。ちっこいジェフとか甲府が相手なら、あんまり影響がなかったかも知れないが。
ただ、須藤は特に悪かったにしても、それ以外の選手も、総じて、川崎のスピードと連携のあるサッカーに振り回されていた。川崎はいいサッカーしてた。選手間の意思疎通がしっかりしていたし、一人一人も強いし。さすがに首位争いしてるチームだけのことはあると思った。
それでも名古屋も、セットプレーから一度は追いつき、前半終了間際に渡邉のクロスからヨンセンが押し込んで3対2と追いすがったんだから、確かにチームに勢いはあったんだよな。ただ、今日の相手は、勢いで勝てるほどチョロくはなかったってことだろう。何年も掛けて熟成させて来たチームと、ヨンセンが加入して、ようやく方向性が見えてから、まだ一月にも満たないチームの差はでかい。そういう相手にベストメンバーで当れなかったのは残念と言えば残念だけど、現状では仕方ない敗戦だろうと思う。点も取れているし、そんなに尾を引かないんじゃないかな。もっとも、この後、ガンバ、鹿島と、比較的上位との対戦が続くから、尾を引かなくても、勝てる可能性が高いとも言えないわけだけども(^^;。

  20060823kick

  20060823kws

  20060823ngy

|

« J1リーグ第18節大宮対G大阪 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(8/19) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11578555

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第19節川崎対名古屋:

« J1リーグ第18節大宮対G大阪 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(8/19) »