« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/17) | トップページ | 感想「カッティングルース」 »

セリーグ 阪神対ヤクルト(9/18)

2006.9.18 18:00 甲子園
S 20001110000  5 
T 01100300001X 6
[敗]館山 [勝]久保田 [H](S)リグス2(井川、ダーウィン)、(T)関本(藤井)、矢野(五十嵐)

NHKBSの中継を、ほとんど最初から見てた。まあ、晩飯の支度して、飯食って、片付けて、というのも並行しながらやってたから、ずっとTVの前で見てたわけじゃないけど。

4-2にした所で、勝てるかな、という気配はあったんだけど、4点目の得点者だったラミレスが、そこで足に違和感を感じて交代したあたりに、流れの悪さはあったかなと。ただ、6回に藤井に代えて、五十嵐を出して来た所で、勝つ気あんのか?とは思ったけど。しかも、五十嵐が打たれて、ランナーを残した、あんな中途半端な場面で石川を出す? よく分からない。
当然の成行きのように逆転されたものの、リグスの一撃で、結果的には追い付いて延長までもつれ込んだが、ほんとにリグスの個人技だったね。チームとして機能したわけじゃない。だから、延長に行っても、勝ち越せる気配は薄かったし、良くて引き分けだけど、ワイルドピッチとか、つまらない形で負ける可能性の方が高いな、と思ったら、あれだった。
あの時の外野では、飯原の守備を一番心配してたんだけど(今の所、飯原の守備は、基本的に信用してない)、まず宮出がエラーして、最後の決勝点は青木のエラーだったのは皮肉。青木は、試合の半ばでは、バットを放り投げて、あぶなく矢野を怪我させる所だったし、一体、何をやってるんだか。チーム全体を覆う悪い流れ? そんなようなもの?

佐藤賢は、いいピッチングしたなあ。ファームでのいい流れを、うまく持ち込んでいた。2安打打たれたけど、どっちも岩村がまともなら、ヒットになっていなかったんでは。
シーズン的には遅過ぎた感もあるけど、来年もあることだし、これから頑張って。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/17) | トップページ | 感想「カッティングルース」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11965348

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ 阪神対ヤクルト(9/18):

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/17) | トップページ | 感想「カッティングルース」 »