« 感想「カッティングルース」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/22) »

イースタンリーグ 湘南対ヤクルト(9/22)

2006.9.22 13:00 横須賀
S 000020002 4
SR 00004300X 7

たまたま休みだったので(^^;、横須賀へふらっと。最後は見届けようかと。まあ、うちが勝って、ロッテが負ければ最後ではなかったわけだが。

着いてみると、シーレックスのホーム最終戦で入場無料。ラッキー。

4回までは双方の先発が好投。特に湘南の山口が良くて。うちの石堂は、先頭の野中をストレートの四球で歩かせたり、立上がりはどうなるかと思ったが、山口に引っ張られるように調子を上げた。
5回表先頭の梶本がストレートの四球で歩き、初めて山口に隙らしいものが見えた。続く牧谷が左中間ツーベースで梶本生還、先制。さらに牧谷が丸山タイジのバントで3進し、ワイルドピッチで生還。2対0。
しかしこの後、石堂がツーベースなんか打っちゃったのが、かえって悪かったような。それでリズムを崩したような気がする。
5回裏、先頭の内藤にいきなりホームランを打たれる。さらにツーベースとタイジのエラーで無死1-3塁。そこで湘南の拙攻もあって、いったんは1死1-2 塁まで持ち直すんだが、満塁にされたあと、内野ゴロの間に1点失って同点。さらに桑原のどうってことない一飛を久保田が落球して2点を失い逆転。
6回裏には続投の石堂が、連打でランナーを溜めて武山に一発を食らい2対7。
8回表には無死1-2塁としたが、志田があわや三重殺の三ゴロ併殺でチャンスを潰す。そんならむしろ、三重殺を見せて欲しかったよ。気がきかねーな>宗大(^_^;。それでも9回表、吉見を攻めて2点は返したけども、そこまで。

この結果、イースタンリーグのロッテの優勝が決定。スワローズは終戦。

肝心な所でダメダメな、見慣れた風景の試合だった。特に5回は2失策で逆転されたが、他にもエラーになってておかしくないプレーが2つ。結果オーライだったんだけど、情けないっちゅうか。わびしい試合だった。

|

« 感想「カッティングルース」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/22) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12000655

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ 湘南対ヤクルト(9/22):

« 感想「カッティングルース」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/22) »