« J1リーグ第21節大宮対福岡 | トップページ | J1リーグ第22節広島対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/9)

2006.9.9 13:00 戸田
I 50000000001 6
S 50000000000 5
[敗]宇野 [H](I)GG佐藤(丸山貴)

プレイボールから見てた。

スワローズ先発の丸山が、立ち上がり、全然駄目。先頭の高波に四球の後、3連打。とどめはGG佐藤の満塁ホームラン。いきなり0-5。
こりゃ駄目だと思ったら、インボイス先発の大沼も、立上がり、全然駄目。丸山タイジ、川端、ユウイチ、畠山、久保田の5連打で3点返して、無死2-3塁。牧谷死球の後、梶本のタイムリーでさらに1点挙げたが、牧谷走塁死で1死1-3塁。次の川本は三振だったが、最後の空振りの時にダブルスチールを敢行。久保田が還って同点。1回終って5-5。

これはめちゃくちゃな試合かも、と思ったら、2回から膠着。丸山も大沼も、立ち直ったとは言い切れない感じなんだけど、双方攻め切れない。リリーフ投手も双方粘り、5-5のまま9回裏。川端とユウイチの連打で1死1-3塁を作ったが、畠山が遊ゴロで川端が3本間で挟殺される。それでも2死2-3塁で、次の大原がライトへ綺麗に打ち返し、サヨナラか、と思ったんだけど、GG佐藤のスライディングしながらのキャッチで右直。延長突入。

で、最終回の11回表。宇野が登板して先頭の貝塚にライトオーバーのスリーベースを打たれる。椎木を二ゴロ、星の右飛はユウイチが素晴らしいバックホームを見せて、タッチアップを許さず、二死までこぎ着けたが、上本にセンターへタイムリーを打たれ、とうとう勝ち越された。11回裏は田崎に3人で仕留められ、試合終了。

優勝の可能性を残すためには痛過ぎる敗戦だと思う。首位ロッテは勝ったようだし(マジック9?)、どんどん追いつめられて行く感じ。

|

« J1リーグ第21節大宮対福岡 | トップページ | J1リーグ第22節広島対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11822866

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/9):

« J1リーグ第21節大宮対福岡 | トップページ | J1リーグ第22節広島対名古屋 »